Help us understand the problem. What is going on with this article?

C#私的超入門#1

More than 5 years have passed since last update.

この記事は筆者のメモである。
主に以下のサイトを参考にC#をVisualStudioで学習する。

C# によるプログラミング入門
http://ufcpp.net/study/csharp/#index-intro

これからC#を研修したいとする方は上記サイトを閲覧するのが良い。

目次

C#基礎

コンソール表示
コメント
リテラル
式、文、ブロック
コンソール表示2
C#の型
代表的な組込型
単純型の使用例
定数
構造化
配列
メソッド
構造体
名前空間

C#基礎

コンソール表示

static void Main(string[] args)
        {
            Console.WriteLine("ヨイデワ・ナイカ・パッション重点");
            //出力:ヨイデワ・ナイカ・パッション重点
        }

コメント

            // コメント
            /*
                複数行コメント、リーダブルコードを読んで備えよう。
            */

リテラル

        static void Main(string[] args)
        {
            bool   b = true;     // 論理値型
            int    n = 123;      // 整数型
            double x = 1.35;     // 実数型
            char   c = 'a';      // 文字型
            string s = "文字列"; // 文字列型
            var    v = 456;      // 型推論

            Console.WriteLine(b); //出力:True
            Console.WriteLine(n); //出力:123
            Console.WriteLine(x); //出力:1.35
            Console.WriteLine(c); //出力:a
            Console.WriteLine(s); //出力:文字列
            Console.WriteLine(v); //出力:456
        }

式、文、ブロック

式 == a + b
文 == ;区切り
ブロック== {}区切り

        static void Main(string[] args)
        {
            int a = 3, b = 5;
            int c, d; 

            Console.WriteLine(a); //出力:3
            Console.WriteLine(b); //出力:
            //Console.WriteLine(c); コンパイルエラー

            c = a * b;              // d に a と b の積を代入
            Console.WriteLine(c);   //出力:15

            d = (a + b) / 2;      // c に a と b の平均値を代入
            Console.WriteLine(d); // (3+5)/2 = 4

        }

コンソール表示2

        static void Main(string[] args)
        {
            int x = 1;
            int y = 2;

            Console.WriteLine("{0}",x);
            Console.WriteLine("{0}, {1}", x, y);

            //出力:1
            //出力:1,2
        }

C#の型

値型
・組込型:単純型
・ユーザー定義型:構造体、列挙型
・他の型から合成:Null許容型

参照型
・組込型:文字列型、オブジェクト型
・ユーザー定義型:クラス、インターフェイス、デリゲート
・他の型から合成:配列

代表的な組込型

単純型
・整数型 int
・浮動小数点型 float,double
・論理値型 bool

参照型
・文字列型 string
・オブジェクト型 object

単純型の使用例

単純型
・整数型 int
・浮動小数点型 float,double
・論理値型 bool

f or F 浮動小数点
d or D 倍精度浮動小数点
e 指数表記

        static void Main(string[] args)
        {
            double x = 0.123456789;  // 倍精度浮動小数点型
            float  y = 1.23f; // fかFを付けると単精度
            var d = 0.123456789012D; // dかDを付けるとdouble
            double s = 1.02e5; //指数表記 0がeの後ろの個数分付く、いいね? 1.02*10^5
            double z = 6.02e23; // 指数表記 6.02×10^23
            // 指数表記の方法 [仮数部]e[指数部] (例えば、2.56×104は2.56e4と書く)

            Console.WriteLine(x);//出力:0.123456789
            Console.WriteLine(y);//出力:1.23
            Console.WriteLine(d);//出力:0.123456789012
            Console.WriteLine(s);//出力:102000
            Console.WriteLine(z);//出力:6.02E+23

            int a = 1;
            bool b = a == 1;  // x が 1 ならば true 、そうでなければ false になる。
            bool t = true;  // 直接 true を代入
            bool f = false; // 直接 false を代入
            //f = 1; コンパイルエラー 

            Console.WriteLine(b);//出力:True
            Console.WriteLine(t);//出力:True
            Console.WriteLine(f);//出力:False

        }

定数 const

const を用いることで変化しない変数を生成可能。
readonly というキーワードを用いて、読取り専用(read only)の変数も定義可能。

public static void Main(string[] args)
        {
            const int num = 1;
            //num = 2; コンパイルエラーを起こす。

            Console.WriteLine(num); //出力:1
        }

構造化

構造化のポイント
1.プログラムを逐次処理、分岐、反復という3つの制御構造で表現する。
2.大きなプログラムを小さな部品に分割して見通しを良くする。

制御フロー

・条件分岐
if文
switch文
goto文

・反復処理
while文
do-while 文
for文
foreach文 配列の全ての要素にアクセスする

配列

「ハイレツ」…何度も変数を書いたりするのは苦痛であるから
まとめて書きたい欲望が具現化した存在…。

配列の宣言
型名[] 変数名;

配列の実体化
配列型変数 = new 型名[配列の長さ];

配列名[x] で長さを指定

        public static void Main(string[] args)
        {
            //宣言 型名[] 変数名;
            int[] arr;

            //実体化 配列型変数 = new 型名[配列の長さ];
            arr = new int[3];

            //省略形 int[] arr = new int[3];

            arr[0] = 1;
            Console.WriteLine(arr[0]);//出力:1
        }

配列の初期化

以下のようにして初期化も可能。
new 配列型[] { x, y, z, };

        public static void Main(string[] args)
        {
            int[] a = new int[] { 1, 3, 5, 7, 9 };

            for (int i = 0; i < a.Length; i++)
            {
                Console.WriteLine(a[i]);//出力:1 3 5 7 9
            }
        }

暗黙的型付け配列

以下の場合、varで推論するので aがintの配列型となる。

        public static void Main(string[] args)
        {
            var a = new[] { 1, 2, 3 };

            for (int i = 0; i < a.Length; i++)
            {
                Console.WriteLine(a[i]);//出力:1 2 3
            }

多次元配列

多次元配列
・四角い多次元配列
・配列の配列-ジャグ配列

四角い多次元配列

型名[,] 変数名; // 2次元配列
型名[,,] 変数名; // 3次元配列

double[,] a = new double[,]{{1, 2}, {2, 1}, {0, 1}}; // 3行2列の行列
double[,] b = new double[,]{{1, 2, 0}, {0, 1, 2}};   // 2行3列の行列
double[,] c = new double[3, 3];                      // 3行3列の行列

配列の配列
ギザギザの配列が作れる

double[][] a = new double[][]{  // 3行2列の行列
  new double[]{1, 2},
  new double[]{2, 1},
  new double[]{0, 1}
};
double[][] b = new double[][]{  // 2行3列の行列
  new double[]{1, 2, 0},
  new double[]{0, 1, 2}
};

メソッド

メソッドはクラスに記述する。
何度も行う処理はメソッドで処理する。

引数=メソッドに引き渡すもの。
返り値(戻り値)=メソッドから返ってくるもの。

メソッドの記述
・返り値のないメソッドはvoidで記述
・返り値のあるメソッドは返り値の型を記述し、returnで返り値を設定する。

返り値の型 メソッド名(型1 引数1, 型2 引数2, ...)
{
処理
return 返り値;
}

メソッドの呼び出し方
関数名()
関数名(引数)
関数名(引数,引数,引数)
例:Add(1,2)

main関数もメソッド。
public static void Main(string[] args){}

返り値のないメソッド、Print()を使用した例

    class Program
    {
        public static void Main(string[] args)
        {
            Print();
            //出力:「俺は知能指数が高いから分かる」
        }

        static void Print()
        {
            Console.WriteLine("「俺は知能指数が高いから分かる」");
        }
    }

返り値のあるメソッド addを使用した例

Add(1,2)でメソッドを呼び出し、
return sumで返り値が戻る。

    class Program
    {
        public static void Main(string[] args)
        {
            int x;
            x = Add(1,2);
            Console.WriteLine(x);
       //出力:3
        }

        static int Add(int a, int b)
        {
            int sum;
            sum = a + b;
            return sum;
        }
    }

メソッドのオーバーロード

メソッドは同じ名前で、引数の違うメソッドを複数定義出来る。
以下はAddの例。
Add(int a, int b)
Add(int a, int b, int c)

    class Program
    {
        public static void Main(string[] args)
        {
            int x;
            x = Add(1,2);
            Console.WriteLine(x);
            //出力:3

            int y;
            y = Add(1, 2, 3);
            Console.WriteLine(y);
            //出力:6
        }

        static int Add(int a, int b)
        {
            int sum = a + b;
            return sum;
        }

        static int Add(int a ,int b,int c)
        {
            int sum = a + b + c;
            return sum;
        }
    }

構造体

複数の異なるデータ型の変数を1まとめにして管理することが可能。
この構造体中の変数をメンバー変数(member variable)またはフィールド(field: 作業領域)と呼ぶ。

    class Program
    {
        public static void Main(string[] args)
        {
            Person p = new Person(); // string とか配列と同じような感じで宣言&初期化

            // 「 . 」 を使って各メンバーにアクセスする
            // 構造体変数名.メンバー名
            p.name = "名前";
            p.age = 20;
            p.address = "sapporo";

            Console.WriteLine(p.name);//出力:名前
            Console.WriteLine(p.age);//出力:20
            Console.WriteLine(p.address);//出力:sapporo
        }

        //構造体
        struct Person
        {
            public string name;    // 名前
            public int age;     // 年齢
            public string address; // 住所
        }
    }

名前空間

クラスを種類ごとに分けて管理するための仕組み
C#の名前空間の区切りには「 . 」を使う。
名前空間を作るには namespace キーワードを用いる。
using ディレクティブを用いれば、
名前空間内にあるクラスを完全修飾名を書くことなく使える。

気が向いたら続くかも
C#私的超入門#2

hiroyuki_hon
楽しい✌(^ω^✌)三✌(^ω^)✌三(✌^ω^)✌
Why not register and get more from Qiita?
  1. We will deliver articles that match you
    By following users and tags, you can catch up information on technical fields that you are interested in as a whole
  2. you can read useful information later efficiently
    By "stocking" the articles you like, you can search right away
Comments
No comments
Sign up for free and join this conversation.
If you already have a Qiita account
Why do not you register as a user and use Qiita more conveniently?
You need to log in to use this function. Qiita can be used more conveniently after logging in.
You seem to be reading articles frequently this month. Qiita can be used more conveniently after logging in.
  1. We will deliver articles that match you
    By following users and tags, you can catch up information on technical fields that you are interested in as a whole
  2. you can read useful information later efficiently
    By "stocking" the articles you like, you can search right away
ユーザーは見つかりませんでした