Unity3D
Unity
vuforia

UnityでUnityちゃんでVuforiaでAndoridでAR出るまでのメモ

More than 3 years have passed since last update.

Unityちゃんを召還するアレです。

参考

次の記事が非常に丁寧な説明がなされており
わかりやすいのでお薦めです!

【Unity】Vuforiaとユニティちゃんを使ってARアプリケーションを作る
http://taka-say.hateblo.jp/entry/2014/05/21/194605

本メモは自分用のもの(以前に何度かやったことがある)なので適当です。
ご了承下さい!

Vuforiaに登録してSDKを借りてくる

Vuforia
https://developer.vuforia.com/
簡単にARできちゃう凄く凄いやつなので登録します。

Resouces > SDK > Unity Extention > Download Unity Extension X.X.X ほげGB をDL

Unityちゃんのデータを借りてくる

Unityちゃんのウェブサイト
http://unity-chan.com/
素敵な規約で高いクオリティのデータです。お借りします。

DATA DOWNLOAD > ライセンスに同意 >

ユニティちゃん データ DL
ユニティちゃんライセンス ロゴ DL

ユニティちゃんライセンス

このコンテンツは、『ユニティちゃんライセンス』で提供されています

ARマーカをつくる

Vuforiaのサイトに移動。
ログイン > TargetManager
create Database >名前(例 UnityChan)を付けて作成.

DBが出来たら選択して、Add Target
名前を付けて、(例 UnityChanARMarker)
SIngleImageで、widthがよく分からないので256とかにして、
イメージにUnityちゃんライセンスロゴを読み込んで次へ。

ちょっと待つとマーカが出来る。
140709-0001.png

DBの場面(先の例だと名前が UnityChan)で、
マーカの画像にチェックを入れて >Download Sselected Target > Unity Editorにチェックして、名前を決めてDL

Unityする

Unityを起動
New Projectで新規プロジェクトを開く。
File > new scene で シーンを保存。
プラットフォームをAndoridにスイッチ。
main cameraを削除。

VuforiaのUnity Packageをインポート。
UnityちゃんのUnity Packageをインポート。
Unityちゃん用のARマーカのPackageをインポート。

Qualcom Augmented Realiy > Prefabs > ARcameraをシーンに入れる。
Qualcom Augmented Realiy > Prefabs > Image Targetをシーンに入れる。

シーンからImageTargetをクリックし、アクティブにして、
インスペクターを表示。
DataSetにUnityちゃん用のARマーカをセット。
Scaleを1/1/1にして1m平方にする。

Directional light for Unitychanを設置。
インポートしたUnityChanから > Models > unitychan
でシーンに入れる。
unitychanはImageTargetに入れる。
こう。

140709-0002.png

ARカメラをセットする。0/0/0から再セットすると分かりやすい。
ARカメラのInspectorのData Set Load Behaviourのとこで
2個チェックする。
こう。
140709-0003.png

で、泥で吐く。

で、自分のGmailかDriveなりに投げて、泥で落として再生。
BsG-FrzCEAAUriU.jpg

で、やったぜ。

MMD4Mecanimをお借りすれば、ミクさん達に踊って頂くことも出来て
凄く楽しいやつです!
http://qiita.com/hiroyuki_hon/items/931c79164b0ffe19517f