Help us understand the problem. What is going on with this article?

DataSpiderを使ってAutodesk Forgeプラットフォーム連携を試してみる

More than 3 years have passed since last update.

Autodesk Forgeプラットフォームとは

Autodesk ForgeプラットフォームはAUTODESK社が提供するクラウドサービスで様々な機能がWebサービスAPIとして提供されています。詳しくはこちらをご確認ください。

やりたいこと

数多くのAPIが用意されていますがDataSpiderは画面側の機能がないので、データを変換するサービスModel Derivative APIGET formatsメソッドをコールしてみようと思います。

FORGE Platform上にアプリを作成する

  1. FORGE Platform APIs(https://developer.autodesk.com/)にてサインアップします。

  2. MyAppsでCREATE APPをクリックしアプリを作成します。
    image

  3. 利用したいサービスを選択、アプリ名称入力、Callback URLにはhttp://localhostを入力しておきます。設定が終わったらCREATE APPをクリックします。
    image
    image

  4. DataSpider上で利用するのでメモしておきましょう。
    image

APIの確認

  1. My APPsの上部にあるAPIsから確認したいAPIドキュメントを参照する。すべてのAPIの最初にAuthentication(OAuth)をコールする必要があるので、このふたつのReferenceを確認します。
    image

  2. Authentication(OAuth)の確認

    • API ReferenceからPOST authencateを選択してパラメータを確認します。 image
  3. Model Derivative APIの確認

    • API ReferenceからGET formatsを選択してパラメータを確認します。 image

DataSpiderで実装します。

  1. 実装結果
    image
    設定内容を確認していきます。
  2. 認証処理「OAuth」
    • 基本設定タブ
      image
    • リクエスト設定タブ
      image
    • レスポンス設定タブ
      image
    • ヘッダ設定タブ
      image
    • マッパーの設定
      image
  • レスポンス設定で利用したJSONデータ
{
  "token_type": "Bearer",
  "expires_in": 1799,
  "access_token": "Ff387cyQXw1elOT3nldiFIKBqDOs"
}
  1. 取得処理「GET formats」
    • 基本設定タブ
      image
    • レスポンス設定タブ
      image
    • ヘッダ設定タブ
      image
      -${token}はスクリプト変数で、前処理のOAuth処理の結果取得したTokenを利用するようにしています。
    • マッパーの設定
      image

処理の実行

  • デバッグ実行ボタンをクリックし、取得されたファイルを確認すると、正しく取得されていることがわかります。
    image
Why not register and get more from Qiita?
  1. We will deliver articles that match you
    By following users and tags, you can catch up information on technical fields that you are interested in as a whole
  2. you can read useful information later efficiently
    By "stocking" the articles you like, you can search right away
Comments
No comments
Sign up for free and join this conversation.
If you already have a Qiita account
Why do not you register as a user and use Qiita more conveniently?
You need to log in to use this function. Qiita can be used more conveniently after logging in.
You seem to be reading articles frequently this month. Qiita can be used more conveniently after logging in.
  1. We will deliver articles that match you
    By following users and tags, you can catch up information on technical fields that you are interested in as a whole
  2. you can read useful information later efficiently
    By "stocking" the articles you like, you can search right away
ユーザーは見つかりませんでした