Posted at

DataSpiderを使ってAutodesk Forgeプラットフォーム連携を試してみる

More than 1 year has passed since last update.


Autodesk Forgeプラットフォームとは

Autodesk ForgeプラットフォームはAUTODESK社が提供するクラウドサービスで様々な機能がWebサービスAPIとして提供されています。詳しくはこちらをご確認ください。


やりたいこと

数多くのAPIが用意されていますがDataSpiderは画面側の機能がないので、データを変換するサービスModel Derivative APIGET formatsメソッドをコールしてみようと思います。


FORGE Platform上にアプリを作成する


  1. FORGE Platform APIs(https://developer.autodesk.com/)にてサインアップします。


  2. MyAppsでCREATE APPをクリックしアプリを作成します。



  3. 利用したいサービスを選択、アプリ名称入力、Callback URLにはhttp://localhostを入力しておきます。設定が終わったらCREATE APPをクリックします。






  4. DataSpider上で利用するのでメモしておきましょう。




APIの確認


  1. My APPsの上部にあるAPIsから確認したいAPIドキュメントを参照する。すべてのAPIの最初にAuthentication(OAuth)をコールする必要があるので、このふたつのReferenceを確認します。




  2. Authentication(OAuth)の確認


    • API ReferenceからPOST authencateを選択してパラメータを確認します。





  3. Model Derivative APIの確認


    • API ReferenceからGET formatsを選択してパラメータを確認します。





DataSpiderで実装します。


  1. 実装結果




    設定内容を確認していきます。

  2. 認証処理「OAuth」


    • 基本設定タブ



    • リクエスト設定タブ



    • レスポンス設定タブ



    • ヘッダ設定タブ





    • マッパーの設定








  • レスポンス設定で利用したJSONデータ


{

"token_type": "Bearer",
"expires_in": 1799,
"access_token": "Ff387cyQXw1elOT3nldiFIKBqDOs"
}


  1. 取得処理「GET formats」


    • 基本設定タブ



    • レスポンス設定タブ



    • ヘッダ設定タブ




      -${token}はスクリプト変数で、前処理のOAuth処理の結果取得したTokenを利用するようにしています。

    • マッパーの設定






処理の実行


  • デバッグ実行ボタンをクリックし、取得されたファイルを確認すると、正しく取得されていることがわかります。