Help us understand the problem. What is going on with this article?

git pushで403のエラーが返ってくる問題

More than 1 year has passed since last update.

はじめに

  • gitのpush時のエラーに関してです。
  • 自分はとある事情で二つ目のgithubアカウントを作成しました。
  • そのアカウントでリモートリポジトリを作成後cloneしてきてInitial commitしたあとにpushしようとしたら、、、まさかのエラーがでました。涙
remote: Permission to<username(new)>/<repositoryname>.git denied to <username(old)>.
fatal: unable to access 'https://github.com/<username(new)>/<repositoryname>.git/'
: The requested URL returned error: 403
  • 上記のようなエラーです。
  • 自分の考えとしては、ユーザ名とメールアドレスが間違っているのだと思いました。
  • globalに設定しているものを見てしまっていて、権限がないのだと思いました。
  • ですので、localの設定(.git/config)を変更してやろうと思いました。
git config --local user.name "username(new)"
git config --local user.email "email(new)"
  • 失敗
  • 次に調べるとどうやらグローバルの設定(~/.gitconfig)を見てしまっているような気がしました。
  • しかし、グローバルの設定を設定し直しても変わりませんでした。。涙

解決方法

  • 解決方法した方法は、リモートのURLにユーザ名を入れることです。
  • 具体的にどういうことかというと
  • 普通のリモートのURL
https://github.com/<username>/<repositoryname>.git
  • ですが、これを変更します。
git remote set-url origin https://<username(new)>@github.com/<username(new)>/<repositoryname>.git
  • 上記のような感じです。
  • github.comの前に自分のユーザ名を入れて@で区切るといった感じです。
  • こんなやり方があったんですね、、知らなかった
  • これをやってからpushをすると、パスワードが求められます。
  • 正常なパスワードを入力すると無事にpushができました!!!
Why not register and get more from Qiita?
  1. We will deliver articles that match you
    By following users and tags, you can catch up information on technical fields that you are interested in as a whole
  2. you can read useful information later efficiently
    By "stocking" the articles you like, you can search right away
Comments
No comments
Sign up for free and join this conversation.
If you already have a Qiita account
Why do not you register as a user and use Qiita more conveniently?
You need to log in to use this function. Qiita can be used more conveniently after logging in.
You seem to be reading articles frequently this month. Qiita can be used more conveniently after logging in.
  1. We will deliver articles that match you
    By following users and tags, you can catch up information on technical fields that you are interested in as a whole
  2. you can read useful information later efficiently
    By "stocking" the articles you like, you can search right away
ユーザーは見つかりませんでした