Edited at

Zabbix proxyのセットアップをやる場合の勘所

More than 1 year has passed since last update.


概要

zpa.jpg

上図のようにLAN1の Zabbix server から Zabbix proxy を通して Zabbix agentの監視を行う

※本件は、設定の核心についてのみ考えるため、通信のセキュリティに関して関与しない、もしインターネットを通してServer<ー>Proxyの通信を行う場合には、ネットワーク機器などで適切な通信制限をする必要がある


インストールしてあるパッケージ


Zabbix server


  • zabbix-server-mysql/zabbix-web/zabbix-web-japanese/zabbix-web-mysql/MariaDB/httpd/PHP


Zabbix proxy


  • zabbix-proxy-mysql/MariaDB


Zabbix agent


  • zabbix-agent


インストール


Zabbix server


  • 通常のzabbix serverインストールと同様


Zabbix proxy


  • webインターフェース(zabbix-web群)を除いたzabbix serverインストールとほぼ同じ

    1. MariaDBをインストール

    2. MariaDBにzabbix用のDB・ユーザーを追加

    3. zabbix-proxyをインストール

    4. MariaDBに initial schema と data を追加

      (/usr/share/doc/zabbix-proxy-mysql-x.x.x/schema.sql.gzを実行する)

    5. zabbix_proxy.confの変更

    6. zabbix proxyの起動


Zabbix agent


  • 通常のzabbix agentインストールと同様


セットアップの勘所

proxyのセットアップとproxy用の変更点


Zabbix server

※セキュリティ関係の通信設定は別の器機等で行うので、ここではzabbixで必要な設定しか行わない

また、通常のserverのセットアップからの変更点


zabbix_server.conf


### Option: ProxyConfigFrequency
# How often Zabbix Server sends configuration data to a Zabbix Proxy in seconds.
# This parameter is used only for proxies in the passive mode.
#
# Mandatory: no
# Range: 1-3600*24*7
# Default:
# ProxyConfigFrequency=3600

ProxyConfigFrequency=60




  • server側とproxy側の設定の同期頻度の設定の変更

    デフォルトでは3600秒(1時間)となっており、設定や変更しても動作確認ができないので、ここでは60秒としている、本番運用する場合には、適切に変更する。




Zabbix Proxy


zabbix_proxy.conf


### Option: ProxyMode
# Proxy operating mode.
# 0 - proxy in the active mode
# 1 - proxy in the passive mode
#
# Mandatory: no
# Default:
# ProxyMode=0
ProxyMode=1

### Option: Server
# IP address (or hostname) of Zabbix server.
# Active proxy will get configuration data from the server.
# For a proxy in the passive mode this parameter will be ignored.
#
# Mandatory: yes (if ProxyMode is set to 0)
# Default:
# Server=

Server=192.168.0.202

### Option: DBHost
# Database host name.
# If set to localhost, socket is used for MySQL.
# If set to empty string, socket is used for PostgreSQL.
#
# Mandatory: no
# Default:
DBHost=localhost

### Option: DBName
# Database name.
# For SQLite3 path to database file must be provided. DBUser and DBPassword are ignored.
# Warning: do not attempt to use the same database Zabbix server is using.
#
# Mandatory: yes
# Default:
# DBName=

DBName=zabbix

### Option: DBUser
# Database user. Ignored for SQLite.
#
# Default:
# DBUser=

DBUser=zabbix

### Option: DBPassword
# Database password. Ignored for SQLite.
# Comment this line if no password is used.
#
# Mandatory: no
# Default:
# DBPassword=

DBPassword=zabbix

### Option: DBSocket
# Path to MySQL socket.
#
# Mandatory: no
# Default:
DBSocket=/tmp/mysql.sock

### Option: ConfigFrequency
# How often proxy retrieves configuration data from Zabbix Server in seconds.
# For a proxy in the passive mode this parameter will be ignored.
#
# Mandatory: no
# Range: 1-3600*24*7
# Default:
# ConfigFrequency=3600
ConfigFrequency=60



  • ProxyMode

    zabbix proxy プロセスの動作モード、DNS等での名前解決を使わず、IP通信で行うので、ここでは passive mode の 1 とする


  • Server

    zabbix serverに向ける、ここでは zabbix server のIPアドレス 192.168.0.202


  • DBHost

    zabbix proxy専用のDB(zabbix serverとは別DB)に向ける、ここでは localhost


  • DBName

    zabbix proxy専用のDB(zabbix serverとは別DB)に向ける、ここでは zabbix


  • DBPassword

    zabbix proxy専用のDB(zabbix serverとは別DB)に向ける、ここでは zabbix


  • DBSocket

    zabbix proxy専用のDB(zabbix serverとは別DB)に向ける、ここでは /tmp/mysql.sock


  • ConfigFrequency

    zabbix proxy と zabbix server の設定同期頻度の設定(zabbix serverと 合わせる)、ここでは 60秒



Zabbix Agent


zabbix_agentd.conf

##### Passive checks related

### Option: Server
# List of comma delimited IP addresses (or hostnames) of Zabbix servers.
# Incoming connections will be accepted only from the hosts listed here.
# If IPv6 support is enabled then '127.0.0.1', '::127.0.0.1', '::ffff:127.0.0.1' are treated equally.
#
# Mandatory: no
# Default:
# Server=

Server=10.0.0.11




  • Server

    zabbix proxyに向ける、ここでは zabbix proxy のIPアドレス 10.0.0.11




WEBインタフェース側での設定

通常通り、192.168.0.202/zabbix/に ブラウザでアクセスする


  • proxyの設定
    proxy.png

パッシブでserver側から通信ができるproxyのIPを設定


  • ホストの設定
    スクリーンショット 2017-04-27 13.45.25.png

proxyから通信できるIPを設定、プロキシによる監視で使用するプロキシを設定する


  • テンプレートの設定
    template.png

プロキシを通した監視でも、通常のサーバーからの監視と同じテンプレートでよい


  • アイテムの設定
    item.png

プロキシを通した監視でも、通常のサーバーからの監視と同じアイテムでよい、ここではDisk周りサンプルとして作成している


  • グラフの設定
    graph.png

通常のグラフの作成


  • グラフのスクリーンショット
    screen.png