Help us understand the problem. What is going on with this article?

GitLab自体の開発のされ方

More than 3 years have passed since last update.

GitLab Advent Calendar 2016 5日目の記事です。

本日は、GitLab自体の開発がどのように行われているのか紹介します。
GitLabは無償版のCommunity Edition (以下CE) と有償版のEnterprise Edition (以下EE) があります。GitLab CEはOSSのため、自由に自身のサーバーにインストールして使用したり、ソースを修正してカスタマイズすることが出来きます。GitLab EEはプロプライエタリソフトウェアであり、使用するにはライセンスを購入する必要がありますが、ソース自体は公開されています。

GitLab CEとGitLab EEはともにGitLab.comのプロジェクトとして公開されていて、不具合の報告や機能追加のリクエストもそちらで受け付けています。
以前はGitHubのリポジトリで開発されていましたが、GitLabが法人化され自前のホスティングサービスの提供を開始したことにより、GitLabの開発もそちらで行われるようになりました。

現在、GitLabの開発は同名の会社であるGitLab社により行われています。
GitLab社はフルリモートの会社でチームメンバーは世界中に散らばっています。ちなみに、チームメンバーはサイトで公開されていて、現在は33カ国に144名の社員がいるようです。2015年の会社設立時は8名ではじめたらしいので、まさしく急成長中という感じです。

前述の通り、GitLabの開発はGitLab社により行われていますが、OSSコミュニティーからの貢献もとても大切にしています。今年の5月にはGitLabのコントリビューターが累計で1,000人を超えたことを記念して、希望者全員に対してステッカーが郵送で配布されました。私も微力ながらGitLabにコントリビュートしていたので、はるばるサンフランシスコよりステッカーが送られてきました。

最近もGitLabにマージリクエスト(GitHubで言うプルリクエスト)を3つ送ったのですが、数日以内にGitLab社の社員の方がレビューをしてくれて無事にマージされました。マージリクエスト上で社員の方とやり取りした印象ですが、コミュニティーからの貢献に対してGitLab社としてかなりのリソースを割いていると感じました。

最後に、GitLabはRuby on Railsで作成されているため、Railsエンジニアであれば比較的簡単にコードを理解し修正することができます。また、前述の通りGitLabはコミュニティーからの貢献をとても大切にしているので、OSSに貢献してみたいと思っているけど、どこから手を付けたら分からないというRailsエンジニアの方は、まずはGitLabにマージリクエストを送ることに挑戦してみてはいかがでしょうか?

hiroponz
GitLab 5.1と10.0のMVPに選ばれました。
http://hiroponz.hateblo.jp/
gitlab-jp
Git/DevOpsツールチェーンプラットフォーム「GitLab」についての日本コミュニティ。
https://gitlab-jp.connpass.com/
Why not register and get more from Qiita?
  1. We will deliver articles that match you
    By following users and tags, you can catch up information on technical fields that you are interested in as a whole
  2. you can read useful information later efficiently
    By "stocking" the articles you like, you can search right away
Comments
No comments
Sign up for free and join this conversation.
If you already have a Qiita account
Why do not you register as a user and use Qiita more conveniently?
You need to log in to use this function. Qiita can be used more conveniently after logging in.
You seem to be reading articles frequently this month. Qiita can be used more conveniently after logging in.
  1. We will deliver articles that match you
    By following users and tags, you can catch up information on technical fields that you are interested in as a whole
  2. you can read useful information later efficiently
    By "stocking" the articles you like, you can search right away
ユーザーは見つかりませんでした