Swift

[iOS8] Swiftでデバッグ出力する方法

More than 3 years have passed since last update.

Swiftでデバッグ出力する方法と表示形式を、サンプルコードを使って説明します。

ojective-cではNSLog()を利用していましたが、ここではprintln()を利用します。

また、swiftではバックスラッシュを使って、改行やダブルクォーテーションなどの表示が可能になりました。

 

関数:print, println, NSLog

 print("Hello, ") // Hello,

print("world") // World
スクリーンショット 2014-12-03 10.08.15

 

 

 println("Hello, ") // Hello, + 改行

println("world") // world + 改行
スクリーンショット 2014-12-03 10.08.38

 

 

 NSLog("Hello, world") // 2014-11-25 15:32:56.425 Swift-Debug[45312:1978824] Hello, world

 

改行:\n, println

println("Hello,")        // Hello,

print("world") // world

// \n
print("Hello, \nworld") // Hello,
// world 

 

\\:バックスラッシュ

print(" \\ Hello, world \\ ")  // \ Hello, world \

 

\t:タブスペース

print(" Hello,\tworld  ")  // " Hello,    world "

 

\":ダブルクォーテーション

print(" \" Hello, world \" ")  // " Hello, world "

 

\':シングルクォーテーション

print(" \' Hello, world \' ")  // ' Hello, world '

 

変数:string, int, double, bool

bool型はNSLog()や、文字列として出力してもtrue, falseと表現されます。


// string

let test = "100points"
println("result : " + test) // result : 100points
println("result : \(test)") // result : 100points
 
// Int, double
let intPoint = 100
let doublePoint = 100.10
println("result : \(intPoint) points") // result : 100 points
println("result : \(doublePoint) points") // result : 100.1 points
 
// Bool
let yes = true
let no = false
println(yes) //true
println(no) //false