Qiita Teams that are logged in
You are not logged in to any team

Log in to Qiita Team
Community
OrganizationAdvent CalendarQiitadon (β)
Service
Qiita JobsQiita ZineQiita Blog
0
Help us understand the problem. What is going on with this article?
@hironobu-igawa

Vue.jsのコンポーネントでv-modelを使う

More than 1 year has passed since last update.

自作したコンポーネントにもv-modelを実装できる。
その実装方法を説明する。

公式ドキュメントを参考にサンプルを作成した。

文字入力UIのデザインを統一する想定で、UiTextInputというコンポーネントを作成する。
文字入力UIのデザインを統一するために実装する機会は多そう。そうでもない?Vuetifyを使う?

完成イメージ
サンプル.gif

結論はこちら

UiTextInputの実装

v-modelを実装するには、

  • propsプロパティにvalueを設定して、親コンポーネントから値を受け取る。
  • inputイベントを$emit(通知)して、親コンポーネントに変更後の値を渡す。

必要がある。

そのため、computedにgetter/setterを作成し、inputのv-modelとの値の受け渡しを行うようにした。

  • getterでpropsのvalueを返却して、親コンポーネントから値を受け取る。
  • setterでinputイベントを$emitして、親コンポーネントに変更後の値を受け渡す。

実装したソースコードが以下である。

<template>
  <input v-model="text" placeholder="入力してください">
</template>

<script>
export default {
  props: {
    value: {
      type: String
    }
  },

  computed: {
    text: {
      get() {
        return this.value;
      },
      set(text) {
        this.$emit("input", text);
      }
    }
  }
}
</script>

<style scoped>
input {
  display: block;
  border-width:0px;
  border-style:None; 
  font-size: 18px;
  background-color: rgba(0,0,0,0);
  outline: 0;

  border-bottom: 1px solid #d0d0d0;
}
</style>

使い方

通常のinputのv-modelと同様に使用できる。
UiTextInputコンポーネントを呼び出して、v-modelに値を指定する。

<template>
  <div>
    <h2>v-modelのサンプル</h2>

    <div class="field">
      <label>名前 </label>
      <UiTextInput v-model="text" class="input" />
    </div>

    <p v-if="text">こんにちは、 {{text}} さん!</p>
  </div>
</template>

<script>
import UiTextInput from "./UiTextInput.vue";

export default {
  components: {
    UiTextInput
  },

  data() {
    return {
      text: ""
    };
  }
}
</script>

<style scoped>
.field {
  display: flex;
}

label {
  flex-basis: 100px;
}

.input {
  flex-grow: 1;
}
</style>

データフロー

文章とソースコードによる説明だとイメージしづらいかもしれないので、補足としてデータフローで図解する。

使用する側(親コンポーネント)からUiTextInput(子コンポーネント)へ値を渡す

コンポーネントのv-model-親から子へ.jpg

UiTextInput(子コンポーネント)から使用する側(親コンポーネント)へ値を渡す

コンポーネントのv-model-子から親へ.jpg

結論

コンポーネントでv-modelを実装する際は、

  • propsのvalueで、親コンポーネントから値を受け取る。
  • inputイベントを$emit(通知)して、親コンポーネントに値を渡す。

をすれば良い。

0
Help us understand the problem. What is going on with this article?
Why not register and get more from Qiita?
  1. We will deliver articles that match you
    By following users and tags, you can catch up information on technical fields that you are interested in as a whole
  2. you can read useful information later efficiently
    By "stocking" the articles you like, you can search right away
hironobu-igawa
最近はVue.jsでフロントエンドの開発をしています。 2020年 モチベーションクラウドの開発に参加しました。 2019年 コミュニケーションクラウドの開発業務に参加しました。

Comments

No comments
Sign up for free and join this conversation.
Sign Up
If you already have a Qiita account Login
0
Help us understand the problem. What is going on with this article?