Posted at

pip 10.0.1 から、Pythonインストール後のpip書き換えは不要になった模様

More than 1 year has passed since last update.


概要

Pythonを新規インストール、または仮想環境作成時、Windows環境の場合、pip関連のファイル書き換えが必要だった。

しかし、pip 10.0.1をインストールする場合、その作業は不要になった。


前提バージョン

ツール等
バージョン

OS
Windows 10 Pro 1709(Fall Creators Update)

Python
3.6.5

pip(VerUp前)
9.0.3

pip(VerUp後)
10.0.1


pipの書き換えについて

仮想環境作成等作成直後に、pipを使ってパッケージをインストールしようとすると、Windowsだとエンコードのエラーが発生します。

例;pylintのインストール

これを回避するには、ここにあるようなファイル書き換えを行う必要がありました。


新たな回避方法:pipのバージョンアップ

上の画像の、エラーメッセージ直後のメッセージにもありますが、pipのバージョンアップが行われ、記載時点で10.0.1が公開されています。

これをインストールすると、上に書いた書き換えを行わずとも、pipを普通に利用できます。


pipバージョンアップ方法

仮想環境等を起動した状態で、コマンドライン、PowerShell等で


python -m pip install --upgrade pip


と入力し、実行すると、バージョンアップが行われます。


バージョン確認

仮想環境等を起動した状態で、コマンドライン、PowerShell等で


pip --version


で、バージョンを確認できます。


手順の変更

Windowsで、Pythonの仮想環境を作成した場合です。


旧手順



  1. venvで仮想環境を作成する


  2. pipのファイルを書き換える


  3. pipを使って必要なモジュールをインストールする


新手順



  1. venvで仮想環境を作成する

  2. pipのバージョンを上げる


  3. pipを使って必要なモジュールをインストールする

新手順のほうが、手作業を排除でき、楽になったと思います。


必要なくなるとき

Pythonにインクルードされるpipのバージョンが10.0.1になったとき、この記事にある内容自体、不要になると想定されます。

それまでは、pipのバージョンアップを実施して、回避するほうが安全で楽だと思います。