Posted at

仮想環境のPythonをバージョンアップする

More than 1 year has passed since last update.

Pythonの仮想環境を構築し、その後Pythonのバージョンが上がった際、どうやって仮想環境のPythonのバージョンを変えるか、うまく記事が見つけられませんでした。

そこで、自分で試した結果を残します。

今回は、3.6.2から3.6.3へバージョンを上げます。

なお、Windowsで試したので、Macの方はコマンド等の読み替えをお願いします。

PowerShell使用です。


環境

ツール等
バージョン

OS
Windwos 10 64bit

Python本体
3.6.2

Python仮想環境
3.6.2

venv
Python本体付属

Visual Studio Code
1.18.0

※VSCodeは動作確認に使用。


手順

venvを使ってアップデートします。


本体のバージョンアップ

まず、ユーザー環境やProgram Filesの下にある、Python本体をバージョンアップします。

インストーラーをダウンロードし、実行するだけです。

Upgrade Nowを選択で良いでしょう。

バージョンを確認します。

上がっています。


仮想環境のアップデート

まず、仮想環境のバージョンを確認します。

python --version

により、Pythonのバージョンがわかります。

上記の通り、3.6.2の状態です。

確認が終わったら、

deactivate

コマンドで、仮想環境を終了します。

仮想環境のアップデートには、標準で入っているvenvを使います。

上記の状態で、PowerShellで

python -m venv (仮想環境へのパス) --upgrade

と入力し、バージョンアップを実行します。


成功したか確認

上記で、コマンドを実行しても、成功したかどうかは表示されないです。

そのため、再びバージョンを確認します。

仮想環境を起動し、再びpython --versionと入力します。

上記のように、更新後のバージョンになっていれば成功です。


動作確認

厳密には、インストールしているライブラリを一通り確認すべきですが、動くかどうかだけ確認しました。

VSCodeで動かした限りだと、動きました。画面下部のバージョンも、3.6.3になっています。


おわりに

ドキュメントが無い状態でも、案外何とかなりました。

Pythonってわかりやすい、と実感した次第です。