Ruby + Ruby on Rails4 開発環境の準備【Mac OSX Yosemite, Mavericks, MountaiLion 対応】

  • 123
    いいね
  • 0
    コメント

0. 流れ

  1. Command Line Tools for Xcodeをインストールする
  2. MacPortsをアンインストールする
  3. Homebrewをインストールする
  4. Git, readline, openssl, ruby-build, rbenvをインストールする
  5. rubyのインストール
  6. Ruby on Railsのインストール

1. Command Line Tools for Xcodeをインストールする

Xcodeのインストール。

https://itunes.apple.com/jp/app/xcode/id497799835?mt=12#
上記リンクにアクセスし、Mac App Storeで見てインストール。

Command Line Toolsのインストール。

OS X Mountain Lion以前

Xcode を起動。
上部メニューから Xcode → Preferences → Downloads タブ → Command Line ToolsのInstallボタンをクリック。

OS X Mavericks

Xcode を起動。
上部メニューから Xcode → Open Developer Tool → More Developer Tools
Downloads for Apple Developerページが開くのでそこのリストから”Command Line Tools(OS X Mavericks) for Xcode”をダウンロードしてインストール

OS X Yosemite

Xcode を起動。
上部メニューから Xcode → Open Developer Tool → More Developer Tools
Downloads for Apple Developerページが開くのでそこのリストから”Command Line Tools(OS X 10.10) for Xcode”をダウンロードしてインストール

2. MacPortsをアンインストールする
MacPortsをインストールしていなければこのステップをスキップ。

MacPortsをインストールしていない人はこのステップをスキップ

MacPortsがあるかないかはこれで確認できる。

Terminal
port version
Terminal
port: command not found

となればMacPortsはインストールされていない。
 

Terminal
sudo port -fp uninstall --follow-dependents installed
Terminal
sudo rm -rf \
  /opt/local \
  /Applications/DarwinPorts \
  /Applications/MacPorts \
  /Library/LaunchDaemons/org.macports.* \
  /Library/Receipts/DarwinPorts*.pkg \
  /Library/Receipts/MacPorts*.pkg \
  /Library/StartupItems/DarwinPortsStartup \
  /Library/Tcl/darwinports1.0 \
  /Library/Tcl/macports1.0 \
  ~/.macports
Terminal
vi ~/.bash_profile

以下の一文を削除

vi
export PATH=/opt/local/bin:/opt/local/sbin:$PATH

3. Homebrewをインストールする

 
Homebrewがインストール済みの人はHomebrewをアップデートしてこのステップをスキップ。
Homebrewがあるかないかの確認もこれでできる。

Terminal
brew update

Homebrewのインストール。

http://brew.sh/
上記リンクにアクセスし、下の方にある「Install Homebrew」のコマンドを実行。
頻繁に変更されるので要チェック。

Terminal
ruby -e "$(curl -fsSL https://raw.github.com/Homebrew/homebrew/go/install)"

HomebrewのPATHを通す

Terminal
echo 'export PATH=/usr/local/bin:$PATH' >> .bash_profile
Terminal
source .bash_profile

Homebrewをインストールを確認する

Terminal
brew doctor

問題が無ければYour system is ready to brew.となる。Warningが出る場合は各々の問題を解決する。ほとんどはアップデートしてくれ〜とか、無駄なパッケージや競合してしまうパッケージを移動または削除してくれ〜といったものばかりだ。

Homebrewをアップデートする

Terminal
brew update

4. Git, readline, openssl, ruby-build, rbenvをインストールする

まとめてインストール。

Terminal
brew install git readline openssl ruby-build rbenv

Git:Homebrewのアップデートに使う。他にも色々と使えるので入れておくと便利。
readline:irbを使うために必要
openssl:通信でhttps(暗号化)を使用するgemやgitのために必要
ruby-build:rbenvで様々なバージョンのrubyをビルド・管理するために必要(その機能)
rbenv:様々なバージョンのrubyをビルド・管理するために必要

rbenvコマンドをどこからでも使えるようにパスを通す

Terminal
echo 'export PATH="$HOME/.rbenv/bin:$PATH"' >> ~/.bash_profile

コンピュータへのログイン時にrbenvの初期化処理するようにする

Terminal
echo 'eval "$(rbenv init -)"' >> ~/.bash_profile

.bash_profileを読み込み直す(PCの再起動でも良いが)

Terminal
source ~/.bash_profile

5. rubyのインストール

公開されているrubyのバージョン一覧を確認

Terminal
rbenv install -l

最新版をインストール

Terminal
rbenv install 2.1.0

標準で使うrubyのバージョンに切り替える

Terminal
rbenv global 2.1.0

切り替わったか確認する

Terminal
ruby -v

6. Ruby on Railsのインストール

Terminal
gem install rails
エラー
ERROR:  While executing gem ... (Gem::RemoteFetcher::UnknownHostError)
    no such name (https://api.rubygems.org/quick/Marshal.4.8/treetop-1.4.15.gemspec.rz)

こんなエラーが出たらgemシステムをアップデートします。

Terminal
gem update --system

その後もう一度gem install rails

Terminal
gem install bundler
Terminal
rbenv rehash
Terminal
source ~/.bash_profile
Terminal
rails -v