search
LoginSignup
0

posted at

AWS ソリューションアーキテクトプロフェッショナルに合格してみた!

7月31日にAWS ソリューションアーキテクトプロフェッショナル(以下SAP)に
合格したため、受験した際の所感や勉強方法を備忘録として残そうと思います。
今後受験される方の参考となれば幸いです。

自己紹介

・某IT系企業で働く新卒2年目
・文系の大学卒業
・現在までAWSの実務経験なし
・AWS クラウドプラクティショナー,
ソリューションアーキテクトアソシエイト取得済み(2022年2月,4月)

勉強期間

5月の中旬から主に勉強を始めました。
5,6月は業務が忙しく、仕事終わりに勉強が出来ず、
また平日の疲れからか土日はダラダラしておりました。
実質的には7月から本腰を入れてきっちり勉強しました。
累計としては100~120時間くらい勉強した気がします。
(あくまで目安ですので鵜呑みにしないでください!)

勉強に使った教材など

■書籍

AWS認定ソリューションアーキテクト-プロフェッショナル~試験特性から導き出した演習問題と詳細解説

こちらはソリューションアーキテクトアソシエイトの際にも使用した参考書です。
解説が丁寧で問題の難易度も適切だったような気がします。
自分はこちらの問題を全て解いて巻末の模擬問題を2,3回解きました。
試験の2日前にこちらの本は再度全問解きました。

ですが試験対策としてこれ1冊で合格は難しいのではないかと思います。
(試験範囲を網羅し切れてはいない気がします。)

■udemy

こちらの模擬問題集も試験対策として使用しました。
土日などまとまった時間で解きました。
たまに「こんなの試験で出るのかよ...」といったマニアックな問題も散見されますが、基本的には良問が多かった印象です。
自分は試験対策のメインとしてこちらを使用し、復習に時間をかけ、
理解できない箇所などはこまめに調べるなどしておりました。
時間があまりなかったため1~3回目までを各回2回ずつ解きました。
(3,4回解くと回答を暗記してしまいそうだったので2回に留めました。
実際復習をきっちり行うと2回目でも割と回答文を丸々覚えてしまっていました...)

公式ドキュメント

SAAの際は使用しておりませんでしたが
AWS Blackbeltを一部のサービスで読みました。
CloudFormation,S3,VPC,Configなどの各種サービスの解説動画を
通勤の時間で1.5倍速で流し見しておりました。
その中で試験に出そうな箇所、自分が知らなかった箇所はノートにまとめるなど
しました。
個人的にはKinesis系のBlackbeltを読んだのがとても良かったです。
Firehose,Streams,Analyticsの違いなどが分かり易かった印象。

■Webサイト
自分自身のネットワーク系に対する知識が浅いため、
問題文や解説を読んでいても「ん?」となることが多々あったため、
勉強中に不明な用語が出た際はこまめに検索して、その都度ノートにインプットしました。
また、AWSのサービスのユースケースなどについてはDevelopersIOなどで検索かけたりして不明点の解消に努めました。

試験の所感

180分75問,かつ7割5分の合格ラインということもあり、
どのような試験問題が出てくるんだろうと怯えていましたが、
思ったより「何だこれわかんねえ!」といった問題はそこまでなかった印象です。

自分は試験の際に配られるメモ用紙に
〇:絶対合っている
△:2択まで絞ったけど自信ない
✖:全く分からない、お手上げ
といった感じでメモを取りながら試験問題を解くのですが、✖は10個もなかった記憶。

また、時間が足りなくなるといった声をQiitaの体験記などで読んでいたのですが
自分は何故か試験時間が40分ほど余り、残りの時間で見直しなどを満遍なく行えました。
ですが流石に180分は長く、途中で集中力が切れてしまう場面が少しありました。
(落ちたら2度と受けたくなかった)

※AWSの6つの移行戦略に関する問題が全く出題されず、ちょっと悲しかったです。

試験を終えて

試験を終えて、簡単なアンケートに答えると試験の結果が表示されます。
合格だったのでホッとしました。。。
後日スコアレポートを見たところ、761点だったのでめちゃくちゃギリギリでした。
(おそらく1問ミスってたら合格が怪しかった)
何はともあれ合格出来て肩の荷が下りました。

合格のコツ/ポイントなど

試験問題がそこそこ長く、かつ75問もあるため、
よく言われていますが素早い長文読解力が問われる試験です。
そのため問題文、及び回答をよく読んでください。
問題文のこの要件は満たしてるけどこの要件は満たしていないな...
といった選択肢や「この場面でこのサービスは使わないだろ!」といった選択肢も
あるのでそれは容赦なく斬り捨ててください。
初見のサービスなども選択肢として登場しますが、臆することなく問題に向き合ってください!
あとは一部問題文/回答の日本語訳が分かりづらく、英語に切り替えたりもしました。

重点的に勉強したサービスとしては以下となります。

・AWS Organizations(これは本当によく出た気がします。)
・CloudFormation
・CloudTrailとConfigの適切な使い分け(モニタリング系)
・AWSのシングルサインオン関連のサービス
・Kinesis系
・LambdaとAPI Gatewayの組み合わせを使用したソリューション
・デプロイの種類(Canary,Linearなど)

ざっと書き連ねてみましたがこんなところではないでしょうか。

今後について

AWSの勉強を始めておよそ半年でSAPを取れて嬉しいです。
また、試験の勉強を通じてAWSのサービス以外にも
ネットワーク系,DBなどの様々な知識がついたのではないかと思います。
今後は今年10月の応用情報の合格、
来年中にはネットワークスペシャリスト,AWS認定試験の合格(Developer系等)を目指して、きっちりやっていこうと思ってます。
(実務でAWSを使う日は来るのか...)

長くなりましたが、読んでくださりありがとうございました。
宜しければLGTMなど押して頂けますと幸いです。
皆様のご健闘を祈ります!!!

Register as a new user and use Qiita more conveniently

  1. You get articles that match your needs
  2. You can efficiently read back useful information
What you can do with signing up
0