Qiita Teams that are logged in
You are not logged in to any team

Log in to Qiita Team
Community
OrganizationAdvent CalendarQiitadon (β)
Service
Qiita JobsQiita ZineQiita Blog
185
Help us understand the problem. What is going on with this article?
@hirohero

フロントサイドのバリデーションにはvalidatorjsが便利

More than 3 years have passed since last update.

Webフォームのバリデーションをするのって面倒ですよね。どうせサーバサイドでバリデーションするのに…。
といいつつも、利用者を苛つかせないためにも、無駄な通信を減らすためにもフロントサイドのバリデーションは重要です。

何か良いライブラリが無いかなと思ってgithubを漁っていたら、良さげなライブラリを見つけました。
validatorjs

"A data validation library in JavaScript for the browser and Node.js, inspired by Laravel's Validator."とあるとおり、LaravelのValidatorに似た感じになっているのが特徴です。

Laravelといえば、JSはreact.jsではなくてvue.jsだろうということで、Vueのコンポーネントでのサンプルです。(CSSはBootstrap)
もちろんこのライブラリはvue.jsに依存しているわけではありませんので、汎用バリデータとして使用できます。

sample.vue
<template lang="pug">
div
    h2 Search
    form.form.form-horizontal
        .form-group(:class="{ 'has-error' : errors.query }")
            label.control-label.col-xs-1 query
            .col-xs-11
                input.form-control(ref='query')
                span.help-block(v-if='errors.query') {{ errors.query }}
        .form-grup
            .col-xs-offset-1
                button.btn.btn-default(type='button', @click='search') Search
</template>

<script>
'use strict';
var Validator = require('validatorjs');
Validator.useLang('ja');

module.exports = {
    data: function(){
        return {
            errors: {
                query: ''
            }
        };
    },

    methods: {
        search: function(){
            var v = new Validator({             // validate するデータ
                query: this.$refs.query.value
            }, {                                // validate ルール
                query: 'required'
            });

            var pass = v.check();

            // エラーをセット(エラーなしの場合は、nullで上書きする)
            this.errors = {
                query: v.errors.first('query')
            };

            if(pass){
                // validate OKの場合の処理...
            }
        }
    }
}
</script>

これはvue.jsの特徴ですが、this.errorsをリアクティブなデータとしているので、これの値を変えるだけでdiv.form-grouphas-errorクラスを設定して赤くしたり、エラーメッセージを(span.help-block)表示したりできるのが楽で嬉しいですね。

スクリーンショット 2017-03-12 17.11.00.png

組み込みで用意されているルールは

  • accepted
  • alpha
  • alpha_dash
  • alpha_num
  • array
  • between:min,max
  • boolean
  • confirmed
  • date
  • digits:value
  • different:attribute
  • email
  • in:foo,bar,...
  • integer
  • max:value
  • min:value
  • not_in:foo,bar,...
  • numeric
  • required
  • required_if:anotherfield,value
  • required_unless:anotherfield,value
  • required_with:foo,bar,...
  • required_with_all:foo,bar,...
  • required_without:foo,bar,...
  • required_without_all:foo,bar,...
  • same:attribute
  • size:value
  • string
  • url
  • regex:pattern

と充実してます。カスタムルールを作る必要は無いかもしれません。もちろんエラーメッセージのカスタムも可能です。
JSの標準のバリデーションライブラリになってくれると良いなと思います。

良いライブラリを見つけられた日曜の午後でした。

追記: 予想外の「いいね」を頂いたので、調子に乗って関連記事を書きました。よかったらこちらもご参照ください。
validatorjsのカスタムルールを書くときの注意点

185
Help us understand the problem. What is going on with this article?
Why not register and get more from Qiita?
  1. We will deliver articles that match you
    By following users and tags, you can catch up information on technical fields that you are interested in as a whole
  2. you can read useful information later efficiently
    By "stocking" the articles you like, you can search right away
hirohero

Comments

No comments
Sign up for free and join this conversation.
Sign Up
If you already have a Qiita account Login
185
Help us understand the problem. What is going on with this article?