Help us understand the problem. What is going on with this article?

API Gatewayに別アカウントで所有しているドメインを使ってカスタムドメイン名を設定する

Steps

  1. 別アカウントで所有しているドメインを利用した証明書の取得
  2. 証明書をセットしたカスタムドメイン名の作成
  3. カスタムドメイン名をRoute53のレコードに設定

1. 別アカウントで所有しているドメインを利用した証明書の取得

証明書の発行自体はACMからすぐにできましたが、ドメインを持っていること自体の証明が必要でした。

DNS証明という方法があって、これから証明書を取得するドメイン名のサブドメインに対して、自分が指定したドメイン名(=証明書を申請した側のAWSアカウントで作成された、******.acm-validations.aws/のようなアドレス) の組み合わせを作成し、それをドメインを所有している側のアカウントでレコードに登録することで証明しています。

参考:
- AWS Certificate Manager で証明書の準備をする
- DNS を使用したドメインの所有権の検証

2. 証明書をセットしたカスタムドメイン名の作成

API Gatewayの Custom Domain Nameから、こんな感じでドメイン名を設定します。

なお、ドメイン名に関する用語が紛らわしいので整理すると...

"デフォルトのベースURL": https://api-id.execute-api.region.amazonaws.com/stage

"リージョンのドメイン名"(またはターゲットドメイン名): https://api-id.execute-api.region.amazonaws.com
"カスタムドメイン名": https://api.example.com/myservice

ガイドにも書いてありますが、リージョンAPIのカスタムドメイン名を作成する場合にAPI Gatewayから返ってくるのは"リージョンのドメイン名"なんですね。これをDNSレコードに設定することで、カスタムドメイン名を使うための手続きが完了します。

参考: API Gateway で API のカスタムドメイン名を設定する

3. カスタムドメイン名をRoute53のレコードに設定

ドキュメント API Gateway でリージョン別 API 用のカスタムドメイン名をセットアップするではCLIのコマンドが示されている箇所です。

Aliasとして設定します。

その他

  • 疎通確認の際、 http でアクセスしないように気をつけてください。Chromeでドメインだけ(test.example.com)打ち込むとhttp として解釈されます。
Why not register and get more from Qiita?
  1. We will deliver articles that match you
    By following users and tags, you can catch up information on technical fields that you are interested in as a whole
  2. you can read useful information later efficiently
    By "stocking" the articles you like, you can search right away
Comments
Sign up for free and join this conversation.
If you already have a Qiita account
Why do not you register as a user and use Qiita more conveniently?
You need to log in to use this function. Qiita can be used more conveniently after logging in.
You seem to be reading articles frequently this month. Qiita can be used more conveniently after logging in.
  1. We will deliver articles that match you
    By following users and tags, you can catch up information on technical fields that you are interested in as a whole
  2. you can read useful information later efficiently
    By "stocking" the articles you like, you can search right away