Help us understand the problem. What is going on with this article?

vimrcの設定や利用プラグインを見直す

目的

年度が変わったので、vimrcを全体的に見直します。
以前は、全くコメントを書いておらず、コマンドが何を意味しているか分からなくなりそうなので、全体的にコメントも記載しました。

以前のvimrc

何となく分かるけども、ぱっと見よくわかりません。使ってないのもあるし。。。
コメントは書いたほうがいいことがわかります。

以前のvimrc
set term=screen-256color 
set fenc=utf-8
set ambiwidth=double
set nobackup
set noswapfile
set autoread
set hidden
set showcmd
set cursorline
set cursorcolumn
set smartindent
set showmatch
set laststatus=2
set cmdheight=2
if !has('gui_running')
  set mouse=
  set ttimeoutlen=0
  if $COLORTERM == "truecolor"
    set termguicolors
  endif
endif
set nofixendofline
set formatoptions+=mM
set tabstop=2
set shiftwidth=2
set expandtab

set ignorecase
set smartcase
set incsearch
set wrapscan
set hlsearch
set ruler
let &colorcolumn=join(range(121,999),",")
hi ColorColumn ctermbg=235 guibg=#2c2d27 
nmap <Esc><Esc> :nohlsearch<CR><Esc>
noremap!  

call plug#begin('~/.vim/plugged')
  Plug 'junegunn/vim-plug',
       \ {'dir': '~/.vim/plugged/vim-plug/autoload'}
  Plug 'fatih/vim-go'
  Plug 'nsf/gocode', { 'rtp': 'vim', 'do': '~/.vim/plugged/gocode/vim/symlink.sh' }
call plug#end()

" vim-go設定
au FileType go nmap <leader>r <Plug>(go-run)
au FileType go nmap <leader>b <Plug>(go-build)
au FileType go nmap <leader>t <Plug>(go-test)
au FileType go nmap <leader>c <Plug>(go-coverage)
au FileType go nmap <Leader>i <Plug>(go-info)

au FileType go nmap <Leader>gd <Plug>(go-doc)
au FileType go nmap <Leader>gv <Plug>(go-doc-vertical)
au FileType go nmap <Leader>gb <Plug>(go-doc-browser)

au FileType go :highlight goErr cterm=bold ctermfg=214
au FileType go :match goErr /\<err\>/

let g:go_highlight_functions = 1
let g:go_highlight_methods = 1
let g:go_highlight_structs = 1
let g:go_highlight_operators = 1
let g:go_highlight_build_constraints = 1
let g:go_fmt_fail_silently = 1
let g:go_fmt_autosave = 1
let g:go_fmt_command = "goimports"

vimrc見直した

大体はコメント書きました。コメントがあるのと無いのでは、雲泥の差がありますねえ。

見直し後のvimrc
set term=term-256color              " 256色で表示する
set encoding=utf-8                  " エンコーディングをUTF-8にする
set fileencodings=utf-8,sjis,cp932  " 設定の順番の文字コードでファイルを開く
set fileformats=unix,dos,mac        " 設定の順番で改行コードを開く
set nofixendofline                  " EOFを元のファイルと同じ状態にする

set ambiwidth=double                " ○文字や□文字でもカーソル位置を保持する
set nobackup                        " バックアップファイルは作成しない
set noswapfile                      " スワップファイルは作成しない
set autoread                        " 編集中のファイルが変更された場合、自動で読み直し
" set hidden                          " 未保存のファイルがあっても、別ファイルを開く
set showcmd                         " 入力コマンドをステータスに表示する
set cursorline                      " 現行を強調表示する
set cursorcolumn                    " 現列を強調表示する

if !has('gui_running')              " CUI使用時
  set mouse=                        " マウス操作をOFFにする
  set ttimeoutlen=0                 " insertからnormalに戻るときの遅延を解消する
  set t_Co=256
endif

set autoindent                      " 改行時に前行のインデントを保持する
set smartindent                     " 改行時に前行末尾に合わせて、インデントを増減する
set tabstop=4                       " タブは設定文字数分で表示する
set shiftwidth=4                    " 自動インデントは4文字
set expandtab                       " タブを空白文字にする
set showmatch                       " 対応する括弧を強調表示する

set wildmenu                        " TABでファイル名を補完する
set wildmode=full                   " TABを押すごとに次のファイル名を補完する
set ignorecase                      " 検索に大文字小文字を区別しない
set smartcase                       " 検索に大文字を使うと、大文字小文字を区別する
set incsearch                       " リアルタイム検索する
set wrapscan                        " 最後まで検索すると、最初に戻る
set hlsearch                        " 検索結果をハイライト表示する

set nowrap                          " テキストの折返しをしない
set ruler                           " ルーラーを表示する
" カラムラインを120列目に引く
let &colorcolumn=join(range(121,999),",")
hi ColorColumn ctermbg=235 guibg=#2c2d27
" Esc2回でハイライトを消す
nmap <Esc><Esc> :nohlsearch<CR><Esc>

" Hで行頭へ移動する
map H ^
" Lで行末へ移動する
map L $

" undoを保存する
if has('persistent_undo')
    set undodir=~/.vim/undo
    set undofile
endif

" grepした結果をquickfixに表示する
augroup grepwindow
    autocmd!
    au QuickFixCmdPost *grep* cwindow
augroup END

if filereadable($HOME.'/.vim/autoload/plug.vim')  " vim-plugを利用する
  " curl -fLo ~/.vim/autoload/plug.vim --create-dirs \
  "     https://raw.githubusercontent.com/junegunn/vim-plug/master/plug.vim
  " :PlugInstallでインストール
  call plug#begin()
    Plug 'fatih/vim-go'                         " goの機能拡張
    Plug 'SirVer/ultisnips'                     " スニペット
    " goのスニペット -> https://github.com/fatih/vim-go/blob/master/gosnippets/UltiSnips/go.snippets
    Plug 'bronson/vim-trailing-whitespace'      " 行末のスペースをハイライト
    Plug 'Yggdroot/indentLine'                  " インデントを見やすくする
    Plug 'junegunn/fzf', { 'dir': '~/.fzf', 'do': './install --all' }   " あいまい検索
    Plug 'junegunn/fzf.vim'
    Plug 'cohama/lexima.vim'                    " 括弧の補完
    Plug 'itchyny/lightline.vim'                " ステータスライン拡張
    Plug 'morhetz/gruvbox'                      " カラースキーム
  call plug#end()
endif

syntax enable                       " シンタックスをONにする
set background=dark                 " 背景をダークモードにする
if filereadable($HOME.'/.vim/plugged/gruvbox/autoload/gruvbox.vim')
    colorscheme gruvbox
endif

let g:lightline = {
      \ 'colorscheme': 'wombat',
      \ 'active': {
      \   'left': [ [ 'mode', 'paste'  ],
      \             [ 'gitbranch', 'readonly', 'filename', 'modified'  ] ]
      \ },
      \ 'component_function': {
      \   'linetotal': 'LightLineTotal',
      \   'gitbranch': 'fugitive#head'
      \ },
      \ }
let g:lightline.component = {
    \ 'lineinfo': '[%3l/%3L]:%-2v'
    \ }
set noshowmode                      " vimのモードを非表示にする
set laststatus=2                    " ステータスラインを常に表示する
set cmdheight=2                     " ステータスライン下のメッセージ表示行数

" ペースト時に自動インデントを無効化する
if &term =~ "xterm"
    let &t_SI .= "\e[?2004h"
    let &t_EI .= "\e[?2004l"
    let &pastetoggle = "\e[201~"
    function XTermPasteBegin(ret)
        set paste
        return a:ret
    endfunction

    inoremap <special> <expr> <Esc>[200~ XTermPasteBegin("")
endif

" vim-go設定
let mapleader = "\<Space>"            " <leader><Space>にする
au FileType go nmap <leader>r <Plug>(go-run)
au FileType go nmap <leader>b <Plug>(go-build)
au FileType go nmap <leader>t <Plug>(go-test)
au FileType go nmap <leader>c <Plug>(go-coverage)
au FileType go nmap <Leader>i <Plug>(go-info)
au FileType go nmap <leader>s <Plug>(go-def-split)
au FileType go nmap <leader>v <Plug>(go-def-vertical)

au FileType go :highlight goErr cterm=bold ctermfg=214
au FileType go :match goErr /\<err\>/

" ハイライト表示
let g:go_highlight_functions = 1
let g:go_highlight_methods = 1
let g:go_highlight_structs = 1
let g:go_highlight_operators = 1
let g:go_highlight_build_constraints = 1

let g:go_metalinter_autosave = 1    " 保存時にvet, lint errcheckを実行する
let g:go_fmt_autosave = 1           " 保存時にfmtを実行する
let g:go_fmt_fail_silently = 1
let g:go_fmt_command = "goimports"  " 不要なimportを削除する
let g:go_def_mode = 'gopls'

以前は、コード書くときは横幅を80文字とかしていましたが、今は画面も広いので120文字にしています。
今何列目とかはステータスラインにデフォルトで出ますが、画面上で120文字目以降の範囲は色変えといたほうが分かりやすくて好きです。

" カラムラインを120列目に引く
let &colorcolumn=join(range(121,999),",")
hi ColorColumn ctermbg=235 guibg=#2c2d27

プラグインも見直して、下記を利用するようにしました。

プラグイン 概要
fatih/vim-go goを書くのに必須。
自動でgofmtとかgolintをかけてくれるし、様々なショートカットがある。
日本語のチュートリアルはこちら
SirVer/ultisnips 優秀なスニペット。vim-goと組み合わせて使う。
例えば、fn[TAB]で、fmt.Println("")が出る。
goで使えるデフォルトのスニペットはこちら
bronson/vim-trailing-whitespace 行末のスペースを赤くハイライトしてくれる。
:FixWhitespaceで自動で削除もできる。
イメージは一番最後を参照。
Yggdroot/indentLine インデントをわかりやすく表示してくれる。
set listとかで自分でやるよりも、わかりやすい。
イメージは一番最後を参照。
junegunn/fzf あいまい検索ができる。
:Commandsとか:Filesとかで便利。
cohama/lexima.vim 自動で括弧を補完してくれる。便利。
(を入力すると、自動で)が付いてくる。
itchyny/lightline.vim ステータスラインを簡単に華やかにできる。
ファイルの総行数がデフォルトで無いのは残念。
イメージは一番最後を参照。
morhetz/gruvbox 数あるカラースキームの1つ。人の好み。
イメージは一番最後を参照。

参考

最後に

こんな感じになった。日々見直していきたい。
config/.vimrc at master · hirano00o/config
vimrc.png

Why not register and get more from Qiita?
  1. We will deliver articles that match you
    By following users and tags, you can catch up information on technical fields that you are interested in as a whole
  2. you can read useful information later efficiently
    By "stocking" the articles you like, you can search right away
Comments
No comments
Sign up for free and join this conversation.
If you already have a Qiita account
Why do not you register as a user and use Qiita more conveniently?
You need to log in to use this function. Qiita can be used more conveniently after logging in.
You seem to be reading articles frequently this month. Qiita can be used more conveniently after logging in.
  1. We will deliver articles that match you
    By following users and tags, you can catch up information on technical fields that you are interested in as a whole
  2. you can read useful information later efficiently
    By "stocking" the articles you like, you can search right away
ユーザーは見つかりませんでした