Freenas
HPE
MicroServer

HPE ProLiant MicroServer Gen10でFreeNASを起動する

More than 1 year has passed since last update.

HPE ProLaint MicroServer Gen10はコンパクトかつ省エネ、HDDが4台入るという非常にNAS向きのサーバです。

是非NASとして使いたいサーバですが、NAS用OSであるFreeNASはそのままでは立ち上がりません。

この記事ではMicroServer Gen10でFreeNASをUSBメモリから起動し、使用する方法を解説します。


必要な物


手順


インストール

MicroServer以外のPCを用意し、FreeNASのドキュメントに従いUSBメモリなどにFreeNASをインストールします。

この際、Boot Modeは Boot via UEFI にしてください。Boot via BIOSにするとMicroServerでFreeNASが立ち上がりません。

Boot via UEFIを選ぶ


FreeNASの起動と設定

FreeNASのインストールに使ったPCにFreeNASをインストールしたUSBメモリを指し、FreeNASを起動します。

FreeNASが起動しない場合はPCのUEFI画面のBoot MenuからFreeNASをUSBメモリを選択して起動してください。

FreeNASが起動したら、ブラウザで立ち上げたFreeNASにアクセスします。

rootでログインし

rootでログイン

System > Tunablesを選択し、Add Tunableをクリック

Tunables画面へ

下記の値を設定します。

* Variable: hw.pci.realloc_bars

* Value: 1

* Type: Loader

* Comment: 適当に(必須ではない)

* Enabled:

3.png

OK を押し、PCをシャットダウンします。


MicroServerでの起動

FreeNASをインストールしたUSBメモリを、MicroServer Gen10に刺し起動します。

FreeNASがMicroServer上で無事起動します。

FreeNASが起動しない場合はMicroServerのUEFI画面(起動画面でF2/Deleteを押す)からBootを選択し、FreeNASの入ったUSBメモリの優先度を上げてみてください。


その他

HDDの振動がMicroserverの筐体と共振してうるさいので、HDDとケースの間に100均で買った防振ジェルをHDDとケースの間に挟んでみました。

これだけで共振しなくなったので静かになりました。

IMG_3475.jpg


参考文献