Edited at

git 使って機能追加とかする時のブランチ操作

More than 3 years have passed since last update.

だいたいのいつものコマンドをメモっとく


準備

とりあえずクローンしてることを前提に

bash

git clone <repo>

cd <repodir>


同期

削除されたブランチとかも同期する

git fetch --prune


何かしら作業したいブランチに移動

git checkout origin/hogehoge

ここでソース眺めたり、動かしたり、だとかする。

いちいちローカルブランチを作らないのが好きです。


変更する時

origin/hogehogeにコミットしない。

git checkout -b feature/hogehoge

変更しちゃってからでも遅くない。

変更はfeature/ブランチなどとにかく別のブランチで。

README.mdとかはそのままやることも許す。


commit

git commit -m "<ticket/issue> hogehoge"

issueトラッキングはしたいよね


push

remote に変更をあげる。

git push origin feature/hogehoge


マージはPullRequestで。

基本は分岐元へPullRequestです。

feature/hogehoge -> hogehoge

誰かにレビューしてもらってマージしてもらうのが良い。

github


同期に戻る。

同期から繰り返し。


PullRequestが can not merge な時。

分岐元からrebaseする。

git rebase origin hogehoge


conflict してたとき

頑張る


終わり。

git pull --rebase origin hogehoge

とかは基本しない流れでやってます。