Posted at

ラズパイ+Webカメラでタイムラプス撮影してみた 後処理編

More than 3 years have passed since last update.

前回 撮影設定編 の続きです。

撮影した画像をつなげた動画に変換します


ラズパイから画像をひっぱてくる

ラズパイで動画変換をするのは厳しい(時間がかかる)のでそれなりのGPUが乗っているマシンに画像を持ってきて動画に変換します

avahi-daemonがインストールがインストールされていれば直接ラズパイと優先でマシンをつなげてもおk

参考

Raspberry Piを家の外に持ち出してMacとLANケーブル直結で使う設定

SCPでファイルを転送します

{hostname}.localよリ画像を持ってくる

今回は,MacBook処理するため,Cyberduckを用いてファイルの転送を行った


動画へ変換

0埋め5桁の連番ファイル名にリネームします.


rename

$ ls *.jpg | awk '{ printf "mv %s %05d.jpg\n", $0, NR }' | sh


ついに動画に変換します


ffmgeg

$ ffmpeg -f image2 -r 15 -i %05d.jpg -an -vcodec libx264 -pix_fmt yuv420p video.mp4


出来上がり

ffmpgがない場合はパッケージマネージャでインストールする

-rオプションが1秒あたりのフレーム数なのでどうがの長さはこの値をいじって調整するといい

100枚の画像を-r10で処理すると10秒になる