Help us understand the problem. What is going on with this article?

IDやクラス名でつかう英語の小話

More than 1 year has passed since last update.

Sidebar

先日、イベントの懇親会での質問で、

レスポンシブ対応で、サイドバーのカラムと落とすのがモヤっとするんですよね、サイドバーなのに。

というのがあった。

これ、確かにCSSのカラムレイアウトとか勉強しはじめると、右側・左側に#sidebarと名付けられたものがあり、なんとなく「メインに対し、位置的に横にあるやつ」っていうイメージあるんですが、別にSidebarはレイアウト上の名前ってわけではありません。

【名】〔新聞の主記事に対する〕補足[側面]記事◆【同】follow ; follow-up
sidebarの意味・用例|英辞郎 on the WEB:アルク

〔新聞の主記事に対する〕補足[側面]記事ってことで、別にレイアウト的に下にあったって、Sidebarです。
※これはこれで、メインでないものをなんでもかんでも #sidebar の中にいれるのは正しくない気もしますね。

Hero

TwitterのBootstrapが流行り始めた頃、サンプルで「Hero」というのがメインビジュアル部に書かれているものがあった。

「え、なんでヒーロー?目立つから?」とか、なんかそういうジョークなのかなとおもってた。これもよくよく調べてみると、

Hero image is a term used in web design for a specific type of web banner. A hero image is a large banner image, prominently placed on a web page, generally in the front and center.
Hero image:アルク

Web広告Webバナーのタイプとして、ってことなんだけど、なんかもっと語源ぽいのがどっかにあった気がする。
[追記:2015-03-17]
Web広告と書いてましたが、Bannerもまた広告とは限らないということで訂正しました。@kotarokさんありがとう!

今のBootstrapのComponentではJumbotronとなっていて、こっちは大きなビルの壁面にあるような巨大なディスプレイを意味するみたい。

lede

ledeはあんまり見たこと無いってひとの方が多いかもしれない。たまに海外サイトのHTMLとかをみてると、この文字列を見かける。使われている箇所はリード文的なところ。「leadじゃないの?」とかおもってたけど、これも調べてみると、

【名】〈俗〉(記事の)リード◆ジャーナリストの用語
ledeの意味・用例|英辞郎 on the WEB:アルク

でもなんでledeという綴りなのか、というのに対しては、本当に語源なのかわからないけど次のような記事があった。

ニュース記事などの第一段落、オープニング・パラグラフのことを「lead paragraph(リード・パラグラフ)」といいますが、ジャーナリズムの世界、とくにアメリカではこれをあえてledeとつづることがよくあります。これは活字印刷の時代、鉛(lead)板が使われていたことから、混同をさけるため考えられたといわれています。
「Lede paragraph」って「lead paragraph」のスペルミス?

ほー、って感じですね。

コード上の命名としても、leadだと意味が広いので、前置きの文というような意味であれば、あえて.ledeと命名するのはアリかもなぁ、なんておもったりします。

しかし、このledeのことを知らない人からすれば、「leadのタイプミスしてますよ?」とか言われそうなので、仕事では使わないかもしれない。

hiloki@github
大体HTMLとCSS書いてますね。
http://inkdesign.jp
cyberagent
サイバーエージェントは「21世紀を代表する会社を創る」をビジョンに掲げ、インターネットテレビ局「AbemaTV」の運営や国内トップシェアを誇るインターネット広告事業を展開しています。インターネット産業の変化に合わせ新規事業を生み出しながら事業拡大を続けています。
http://www.cyberagent.co.jp/
Why not register and get more from Qiita?
  1. We will deliver articles that match you
    By following users and tags, you can catch up information on technical fields that you are interested in as a whole
  2. you can read useful information later efficiently
    By "stocking" the articles you like, you can search right away
Comments
No comments
Sign up for free and join this conversation.
If you already have a Qiita account
Why do not you register as a user and use Qiita more conveniently?
You need to log in to use this function. Qiita can be used more conveniently after logging in.
You seem to be reading articles frequently this month. Qiita can be used more conveniently after logging in.
  1. We will deliver articles that match you
    By following users and tags, you can catch up information on technical fields that you are interested in as a whole
  2. you can read useful information later efficiently
    By "stocking" the articles you like, you can search right away
ユーザーは見つかりませんでした