Android

AndroidOS、アプリ連携

More than 1 year has passed since last update.

誰でも別のアプリを起動できる

AndroidOSのシステムの根本的な方針として、どのアプリからでも別のアプリを開ける。
例えばカメラアプリ、すでにカメラ機能を備えたアプリが端末内に存在することを想定して、自分でカメラ機能を開発する代わりに、自分のアプリから別のカメラアプリを起動することによって要件を満たす。

起動の方法

特定のコンポーネントを開始するインテントを指定するメッセージを、OSに対して発行する。
システムがメッセージを受けて、コンポーネントをアクティベートする。

起動できるコンポーネント

アクティビティとサービスとブロードキャストレシーバの、3つのコンポーネントは、インテントと呼ばれる非同期メッセージによってアクティベートされる。
アクティビティとサービスは、インテントが行うアクションを定義し、インテントによってアクティベートされる。

同一アプリ内のコンポーネントの起動

同じアプリに関連付けられたコンポーネントも同じで、インテントによって個別のコンポーネント同士を、実行時に結び付ける。

開始するには

Activityを開始するには、IntentをstartActivity()へ渡す。
Serviceを開始するには、IntentをstartService()へ渡す。