Help us understand the problem. What is going on with this article?

LoLで高レートの試合情報を取得する方法

More than 1 year has passed since last update.

一見難しそうですが、高レートのチャレンジャーやマスターの
試合データであればRiot Games APIを使用することで、簡単に取得できます。

手順の概要は以下の通りです。
1. 高レートのサモナーIDを取得する
2. 各サモナーIDを基に、アカウントIDを取得する
3. 各アカウントIDを基に、試合IDを取得する
4. 各試合IDを基に、試合情報を取得する

※1 手順2以降からレート制限に引っ掛からないように注意して下さい。
※2 Riot Games APIを使用するための準備については割愛します。

1. 高レートのサモナーIDを取得する

以下のAPIを実行し、entriesの中にあるplayerOrTeamIdを取得する。
これはサモナーIDにあたる。
/lol/league/v3/challengerleagues/by-queue/{queue}
/lol/league/v3/masterleagues/by-queue/{queue}

2. 各サモナーIDを基に、アカウントIDを取得する

以下のAPIを実行し、accountIdを取得する。
/lol/summoner/v3/summoners/{summonerId}

3. 各アカウントIDを基に、試合IDを取得する

以下のAPIを実行し、matchesの中にあるgameIdを取得する。
/lol/match/v3/matchlists/by-account/{accountId}

4. 各試合IDを基に、試合情報を取得する

以下のAPIを実行し、試合情報を取得する
/lol/match/v3/matches/{matchId}
/lol/match/v3/timelines/by-match/{matchId}

timelinesでは以下の情報などを取得できますが、
各プレイヤーの使用チャンピオンやサモナースペルを知るために
matchesのAPIを使用する必要があります。

・各ドラゴンやヘラルド、バロンを倒した時の試合経過時間
・各プレイヤーが購入したアイテムのID, 購入した時の試合経過時間

参考サイト

Riot Games API
https://developer.riotgames.com/

Riot Games APIドキュメント
https://developer.riotgames.com/api-methods/

Why not register and get more from Qiita?
  1. We will deliver articles that match you
    By following users and tags, you can catch up information on technical fields that you are interested in as a whole
  2. you can read useful information later efficiently
    By "stocking" the articles you like, you can search right away
Comments
Sign up for free and join this conversation.
If you already have a Qiita account
Why do not you register as a user and use Qiita more conveniently?
You need to log in to use this function. Qiita can be used more conveniently after logging in.
You seem to be reading articles frequently this month. Qiita can be used more conveniently after logging in.
  1. We will deliver articles that match you
    By following users and tags, you can catch up information on technical fields that you are interested in as a whole
  2. you can read useful information later efficiently
    By "stocking" the articles you like, you can search right away