Help us understand the problem. What is going on with this article?

Dartのパッケージマネージャーのpubにはinitコマンドがない

Dartのパッケージマネージャーのpubにはinitコマンドがない

タイトル通りなのですが、Dartのパッケージマネージャーのpubにはinitコマンドがありません。

npmに慣れていた僕としては、pub initでpubspec.yamlが生成されると嬉しいのですが、どうもpub initのissueが上がるたびに閉じられているようなので、pub initを追加する気はあまりないようです。

じゃあnpm init相当のことをしたいときに何を使うのかというと、stagehandを使うようです。

Stagehand

Stagehandとは

StagehandとはDartのプロジェクトの雛形を作成するものです。
なのでnpm initとは直接対応していません。

Stagehandのインストール

$ pub global activate stagehand

Stagehandの使い方

カレントディレクトリに雛形を生成するので、ディレクトリを作成して移動した後stagehandコマンドを使います。

$ mkdir hoge
$ cd hoge
$ stagehand console-full

ただのhelpオプションですが、テンプレート一覧を確認するのによく使うことになるかと思います。

stagehand -h

Stagehandのテンプレート一覧

console-full - A command-line application sample.
package-simple - A starting point for Dart libraries or applications.
server-shelf - A web server built using the shelf package.
web-angular - A web app with material design components.
web-simple - A web app that uses only core Dart libraries.
web-stagexl - A starting point for 2D animation and games.

stagehandより

終わりに

個人的にはpub initコマンドやpub addコマンドなどが欲しいです。

結構pub initpub add関連のissueが閉じられていたのが気になりました。

おまけ

pub init, pub addが欲しい方は、publicanというものを使うと良いかもしれません(使えるのか試してません)。
もし使えなかったら、自前でラッパーを作っても良いと思います。

参考

Why do not you register as a user and use Qiita more conveniently?
  1. We will deliver articles that match you
    By following users and tags, you can catch up information on technical fields that you are interested in as a whole
  2. you can read useful information later efficiently
    By "stocking" the articles you like, you can search right away
Comments
Sign up for free and join this conversation.
If you already have a Qiita account
Why do not you register as a user and use Qiita more conveniently?
You need to log in to use this function. Qiita can be used more conveniently after logging in.
You seem to be reading articles frequently this month. Qiita can be used more conveniently after logging in.
  1. We will deliver articles that match you
    By following users and tags, you can catch up information on technical fields that you are interested in as a whole
  2. you can read useful information later efficiently
    By "stocking" the articles you like, you can search right away