search
LoginSignup
2

More than 3 years have passed since last update.

posted at

updated at

SDKMANを使ったKotlinの開発環境の構築

Kotlinで開発する必要がでたので備忘録としてまとめました。

SDKMAN, Kotlin, Gradleのインストール等について記載してます。

SDKMANとは

JVM系のrbenvみたいなものです。

rbenvのようなenv系と同様のメリット(複数バージョンのインストール、切り替え)を享受できます。

UNIX系のみで使えるようです。

SDKMANのインストール

bashの部分はお使いのシェルに変更してください。

$ curl -s https://get.sdkman.io | bash
$ exec $SHELL -l

Kotlinのインストール

$ sdk install kotlin

動作確認

ファイルを準備

hello.kt
fun main(args: Array<String>) {
    println("Hello, World!")
}

コンパイル

$ kotlinc hello.kt -include-runtime -d hello.jar

実行

$ java -jar hello.jar

Gradleのインストール

$ sdk install gradle

Gradleを使ってプロジェクト作成

$ gradle init

色々聞かれるのでお好みで適宜選択。

おまけ(自分がよく使いそうなコマンド)

バージョン指定インストール

$ sdk install kotlin 1.2.71

バージョン指定アンインストール

$ sdk uninstall kotlin 1.2.71

切り替え

$ sdk default kotlin 1.2.71

一覧表示

$ sdk list kotlin

参考

Register as a new user and use Qiita more conveniently

  1. You get articles that match your needs
  2. You can efficiently read back useful information
What you can do with signing up
2