Java
Android
MacOSX
環境構築
AndroidStudio

Androidアプリ 開発環境構築手順 MacOSX編

More than 3 years have passed since last update.

Androidアプリ開発を行う際に必要な環境構築の手順を下記にまとめます。

※必ずストレージに余裕があること(20GB以上が望ましい)を確認してください。


0. OSについて

OSは下記であることが前提です。

・MacOSX 10.8.5以上


1. Androidアプリ開発に必要なもの

JDK (Java Development Kit)

Android Studio


2. JDKのインストール


2-1. JDKのダウンロード

Oracle公式サイトより、JDKの最新版

(2016年2月15日時点ではJDK 8u73)

をダウンロードします。

http://www.oracle.com/technetwork/java/javase/downloads/index.html

java1.jpg

上記画像の赤枠部分をクリックすると、ダウンロードページに移動します。

java2.jpg

「Accept License Agreement」を選択してから、

「jdk-8u73-macosx-x64.dmg」をクリックすると、ダウンロードが開始されます。


2-2. ダウンロードしたJDKのインストール

ダウンロードしたdmgファイルを開きます。「続ける」をクリックしてください。

java3.jpg

「インストール」をクリックし、インストールを開始してください。

java4.jpg

インストールが完了すると下記のように表示されます。

「閉じる」をクリックしてください。

java5.jpg


2-3. JDKがインストールされているかの確認

JDKがインストールされているか、念のため確認します。

Finderの「アプリケーション」→「ユーティリティ」より、

「ターミナル」を起動します。

そして、下記コマンドを入力し、enterキーを押して実行してください。

$ java -version

java6.jpg

上記画像のように表示されればOKです。

これでJDKのインストールは完了です。


3. Android Studioのインストール


3-1. Android Studioのダウンロード

Android Developersより、Android Studioをダウンロードします。

(2016年4月14日時点ではVersion 2.0)

http://developer.android.com/sdk/index.html

「DOWNLOAD ANDROID STUDIO 2.0」をクリックすると、ダウンロードページに移動します。

as1.jpg

「 I have read and agree with the above terms and conditions」の左側にあるチェックボックスにチェックを入れると、

「DOWNLOAD ANDROID STUDIO FOR MAC」が押せるようになり、ダウンロードできるようになります。

as2.jpg


3-2. ダウンロードしたAndroid Studioのインストール

ダウンロードしたdmgファイルを開いて、「Android Studio」を「アプリケーション」にドラッグします。

as3.jpg

初回起動時に下記のような警告が出ますが、「開く」をクリックして進めます。

as4.jpg

最初に、「以前の設定を取り込むかどうか」を選択する画面が表示されますが、以前の設定は取り込まないので、

「I do not have a previous version of Android Studio or I do not want to import my Settings」を選択して「OK」をクリックします。

as5.jpg

次の画面ではそのまま「Next」をクリックして進めます。

as6.jpg

次の画面ではインストール種別を選択します。「Standard」を選択し、「Next」をクリックします。

as7.jpg

次の画面ではそのまま「Finish」をクリックしてください。Android SDKやそれに関連するデータがインストールされていきます。

as8.jpg

インストールが完了すると、下記のような状態になるかと思います。

「Finish」をクリックして画面を閉じます。

as9.jpg

再度「Android Studio」を起動すると、下記のようなスタート画面が表示されるかと思います。

as10.jpg

これで、環境構築は一通り完了です。

参考:ゼロからわかるAndroid Studioインストール手順(Mac版)


3-3. Android SDKのインストール(更新)

Android SDKは、Android Studioの初回起動時に最低限必要な分だけインストールされます。しかし、実機でテストする際にAndroidのバージョンが古い場合には、そのバージョンに合わせたものをインストールする必要があります。また、Android SDKは更新されるので、時々確認して更新しておくようにしましょう。

Android SDKをインストール(更新)するには、「SDK Manager」を起動します。

SDKManagerを起動するには、Android Studioを起動し、「Configure」→「SDK Manager」をクリックします。

as11.jpg

すると、下記のような画面が表示されますので、「Launch Standalone SDK Manager」をクリックしてください。

as12.jpg

Android SDK Toolや、各Androidバージョン毎の一覧が表示されています。右側のStatusに「Installed」と表示されている行と、「Not installed」と表示されている行がありますが、「Installed」がインストール済み、「Not installed」が未インストールのものとなります。

as13.jpg

Androidアプリ開発にあたり、最低限下記がインストールされているか確認し、インストールされていないものはインストールしておきましょう。

・Android SDK Tools

・Android SDK Platform-tools

・Android SDK Build-toolsの最新版(23.0.2)

・Android 6.0(API 23)の

  -SDK Platform

  -Intel x86 Atom System Image

  -Google APIs

  -Google APIs Intel x86 Atom System Image

  -Sources for Android SDK

・Android Support Repository

・Android Support Library

・Google Repository


補足. 設定のカスタマイズ

より開発しやすくするため、設定のカスタマイズを行うことをお勧めします。

設定のカスタマイズを行うには、AndroidStudioを起動し、「Configure」→「Preferences」をクリックします。

as11.jpg


ベース色の設定

「Appearance & Behavior」→「Appearance」を選択し、「UI Options」の「Theme」を「Darcula」に変更します。

as14.jpg


行番号とスペースの表示

「Editor」→「General」→「Appearance」を選択し、「Show line numbers」と「Show whitespaces」にチェックを入れます。

as15.jpg


マウスオーバーでドキュメントを表示する

「Editor」→「General」を選択し、「Other」の「Show quick doc on mouse」にチェックを入れます。

as16.jpg


自動インポート

「Editor」→「General」→「Auto Import」を選択し、「Java」の「Optimize imports on the fly」と「Add unambiguous imports on the fly」にチェックを入れます。

as17.jpg

参考:第 3 回・新 IDE : Android Studio を使ってみよう!