Edited at

現場で個人的によく使うGitコマンドまとめ


概要

現場でGitコマンドごりごり触れていた時に、よく使っていたコマンドをまとめておきます。

備忘録用。


リモートブランチにPUSHする前(コミット後)の最終確認

リモートブランチ含めて、自分が現在いるブランチを確認

git branch -a

コミット履歴を出力し、コミットメッセージを確認

git log --d

コミット内容の確認

git show


修正内容のバックアップ(stashで残す方法)

stashで残す

git stash

stashした内容を戻す

git stash pop


修正内容のバックアップ(パッチファイルで残す方法)

パッチファイルを作って残す

git diff > diff.patch

パッチファイルを適用する

git apply diff.patch

適用したパッチファイルを外す

git apply -R diff.patch


mergeやrebaseを使わずにコンフリクト解消

これにより、マージコミットも作られず、コミット履歴がバラバラになるのを避けることができる。

ただし、コミットが1つの場合にのみ限る。

コミット履歴を出力し、該当のコミットIDを確認

git log --d

リモートの全ブランチを更新

git fetch --all

対象のリモートブランチを確認

git branch -r

リモートブランチをチェックアウト

git checkout [リモートリポジトリ名]

ローカルブランチとして一時的なブランチを作成

git checkout -b tmp

該当のコミットをIDを指定し、チェリーピック

git cherry-pick [コミットID]

元いたローカルブランチを作り直す

git branch -D [元いたローカルブランチ名]

git branch -m [元いたローカルブランチ名]