Edited at

Java+Eclipse 開発環境構築 Windows編

More than 3 years have passed since last update.

Windowsにおいて、Java開発を行う際に必要な環境構築の手順を下記にまとめます。


0. OSについて

OSは下記であることが前提です。

・Windows7以上(32ビット、64ビットどちらでも可能)


1. Java開発に必要なもの

JDK (Java Development Kit)

Eclipse(エクリプス)


2. JDKのインストール


2-1. OSが32ビットか64ビットのどちらなのかを調べる

「スタート」→「コンピューター」を右クリック→「プロパティ」をクリックすると、下記画面が表示されるので、「システムの種類」を見て32ビットか64ビットかを判断できます。


2-2. JDKのダウンロード

Oracle公式サイトより、JDKの最新版

(2015年11月17日時点ではJDK 8u65)

をダウンロードします。

http://www.oracle.com/technetwork/java/javase/downloads/index.html

上記画像の赤枠部分をクリックすると、ダウンロードページに移動します。

「Accept License Agreement」を選択してから、

OSが32ビットの場合は、「jdk-8u65-windows-i586.exe」、OSが64ビットの場合は、「jdk-8u65-windows-x64.exe」

をクリックしてください。すると、ダウンロードが開始されます。


2-3. ダウンロードしたJDKのインストール

ダウンロードしたexeファイルを開いて、画面の案内に沿ってインストールします。

基本的には「次へ」をクリックしていく形でOKです。


2-4. Path及び環境変数JAVA_HOMEの設定

インストールしたJDKのコンパイルや実行プログラムを簡単に使えるようにするため、Path及び環境変数JAVA_HOMEの設定を行います。

「スタート」→「コンピューター」を右クリック→「プロパティ」をクリックすると、下記画面が表示されるので、「システムの詳細設定」をクリックします。

下記画面より、「環境変数」をクリックします。

下記画面より、「システム環境変数」の欄から変数が「Path」と表示されているものを選択し、「編集」をクリックします。

「変数値」の一番後ろに、下記を付け足してください。他の値を消さないように気をつけてください。付け足したら、「OK」をクリックします。

;C:\Program Files\Java\jdk1.8.0_65\bin;

「システム環境変数」の欄に「JAVA_HOME」が存在しない場合、「新規」をクリックします。

下記のように情報を入力し、「OK」をクリックします。

変数名:JAVA_HOME

変数値:C:\Program Files\Java\jdk1.8.0_65

これで、JDKのインストール及び設定は一通り完了です。


2-5. JDKがインストールされているかの確認

JDKがインストールされているか、念のため確認します。

「スタート」→「すべてのプログラム」→「アクセサリ」→「コマンド プロンプト」を起動します。

そして、下記コマンドを入力し、enterキーを押して実行してください。

java -version

上記画像のように表示されるかと思います。

これでJDKのインストールは完了です。


3. Eclipseのインストール


3-1. Eclipseのダウンロード

Eclipseダウンロードサイトより、「Eclipse IDE for Java EE Developers」をダウンロードします。

JDKと同様に、OSが32ビットの場合は、「32bit」、OSが64ビットの場合は、「64bit」

をクリックしてください。

http://www.eclipse.org/downloads/

下記画面に移動しますので、「DOWNLOAD」をクリックしてダウンロードを開始してください。

32bitをクリックした場合、「ダウンロード」フォルダに「eclipse-jee-mars-1-win32」がダウンロードされているかと思います。

「eclipse-jee-mars-1-win32」を右クリック→「すべて展開」をクリックして、ファイルを展開してください。展開先はドキュメントフォルダにしておきます。

これでEclipseのダウンロードは完了です。

Eclipseを起動する場合は、ドキュメントフォルダの「eclipse」フォルダを開き、「eclipse」ファイル(下記画像参照)をクリックしてください。同名のファイルが2つありますが、丸いイラストが書かれているほうが起動ファイルとなります。


3-2. Eclipseの日本語化(任意)

Eclipseはすべて英語表記となっており、わかりにくい場合は日本語化しておくことをおすすめします。

MergeDoc Projectより「最新版」をクリックし、pleiades.zipリンクからダウンロードしてください。

http://mergedoc.osdn.jp/

「ダウンロード」フォルダに「pleiades」がダウンロードされているかと思います。

「pleiades」を右クリック→「すべて展開」をクリックして、ファイルを展開してください。展開先はデフォルトのままにしておきます。

展開した「pleiades」フォルダの中身全てを、3-1でダウンロード&展開した「eclipse」フォルダにコピーします。下記ダイアログが表示されますが、「同じ処理を現在の項目すべてに適用」にチェックを入れて「はい」をクリックします。

「eclipse」フォルダを開き、eclipseファイル(下記画像参照)を右クリック→「プログラムから開く」→「メモ帳」をクリックして開きます。

一番下の行に下記を追加して、保存してください。

-javaagent:plugins/jp.sourceforge.mergedoc.pleiades/pleiades.jar

保存後、「eclipse.exe -clean」ファイルをクリックして実行してください。

下記画面が表示されますので、そのまま「OK」をクリックしてください。

下記画面が表示され、日本語になっていれば日本語化は完了です。