Edited at

Java+Eclipse 開発環境構築 MacOSX編

More than 3 years have passed since last update.

MacOSXにおいて、Java開発を行う際に必要な環境構築の手順を下記にまとめます。


0. OSについて

OSは下記であることが前提です。

・MacOSX 10.8.5以上


1. Java開発に必要なもの

JDK (Java Development Kit)

Eclipse(エクリプス)


2. JDKのインストール


2-1. JDKのダウンロード

Oracle公式サイトより、JDKの最新版

(2016年2月15日時点ではJDK 8u73)

をダウンロードします。

http://www.oracle.com/technetwork/java/javase/downloads/index.html

java1.jpg

上記画像の赤枠部分をクリックすると、ダウンロードページに移動します。

java2.jpg

「Accept License Agreement」を選択してから、

「jdk-8u73-macosx-x64.dmg」をクリックすると、ダウンロードが開始されます。


2-2. ダウンロードしたJDKのインストール

ダウンロードしたdmgファイルを開きます。「続ける」をクリックしてください。

java3.jpg

「インストール」をクリックし、インストールを開始してください。

java4.jpg

インストールが完了すると下記のように表示されます。

「閉じる」をクリックしてください。

java5.jpg


2-3. JDKがインストールされているかの確認

JDKがインストールされているか、念のため確認します。

Finderの「アプリケーション」→「ユーティリティ」より、

「ターミナル」を起動します。

そして、下記コマンドを入力し、enterキーを押して実行してください。

$ java -version

java6.jpg

上記画像のように表示されればOKです。

これでJDKのインストールは完了です。


3. Eclipseのインストール


3-1. Eclipseのダウンロード

Eclipse公式サイトより、Eclipseをダウンロードします。

https://eclipse.org/

eclipse1.jpg

「DOWNLOAD」をクリックすると、下記ページに移動します。

eclipse2.jpg

「Mac OS X 64bit」をクリックすると、ダウンロードページに移動するので、「DOWNLOAD」をクリックしてください。「eclipse-inst-mac64.tar.gz」がダウンロードされてきます。

eclipse3.jpg


3-2. ダウンロードしたEclipseのインストール

ダウンロードしたファイルをダブルクリックして展開すると、「Eclipse Installer」が出てきますので、開いてください。

eclipse4.jpg

リストが表示されますので、「Eclipse IDE for Java Developers」を選択してください。

eclipse5.jpg

「INSTALL」をクリックすると、下記画面が表示されます。「Accept Now」をクリックすると、インストールが開始されます。

eclipse6.jpg

インストールが完了すると、下記画面が表示されます。「LAUNCH」をクリックすると、Eclipseが起動します。

eclipse7.jpg

2回目以降に起動する場合、Eclipseが下記の位置に配置されていますので、そちらから実行してください(デフォルトの場合)。

/Users/ユーザ名/eclipse/java-mars/Eclipse.app

eclipse8.jpg

以上でJavaの環境構築は完了です。