Help us understand the problem. What is going on with this article?

やさしい DB Browser for SQLite の使い方 for MacOS

More than 1 year has passed since last update.

はじめに

SQLiteをGUIベースで操作できるアプリ「DB Browser for SQLite」の導入から使い方までをやさしく解説していきます。
本記事ではMacOSを想定していますが、基本的なアプリの使い方は他OSでも同じだと思うので、適宜読み換えていただければと思います。

環境構築

公式サイトのダウンロードページから、各種OSに対応するものをダウンロードします。
(2019/3/7時点の最新バージョンは、「3.11.1」のようです)
https://sqlitebrowser.org/dl/

ダウンロード後、「DB.Browser.for.SQLite-3.11.1v2.dmg」を開き、そのまま「アプリケーション」にドラッグすればインストール完了です。

1.png

ちなみに、MacOSの場合、「Homebrew」でインストールすることもできるようです。

brew cask install db-browser-for-sqlite

機能一覧

以下にアプリの機能を紹介していきます。
他にあれば随時更新していきます。

データベースの新規作成

画面左上にある、「New Database」をクリックします。

2.png

「Save As:」のところにファイル名(今回はtest.db)を入力し、「Save」をクリックします。

3.png

「Edit table definition」という画面が出てきて、テーブルを作成するよう促してきますが、いったん「Cancel」をクリックします。
SQLの実行方法については次節で説明します。

4.png

これでデータベースの新規作成は完了です。

SQLの実行

SQLを実行するためには、「Execute SQL」タブに移動します。

5.png

ここでSQLを実行することで、各種操作を行うことができます。
例えば、以下のSQLを実行するとします。

CREATE TABLE adachi_menu(id INTEGER PRIMARY KEY AUTOINCREMENT, product_name TEXT NOT NULL, price INTEGER NOT NULL, calorie INTEGER NOT NULL);

実行したいSQL文を一番上のテキストエリアに入力し、その上にある再生ボタンをクリックします。

6.png

すると、SQL文が実行され、一番下のテキストエリアに実行結果が表示されます。
「Result: query executed successfully. ~」と表示されたら成功です。

7.png

「Database Structure」タブに移動すると、テーブルが作成されていることが確認できます。

8.png

このようにして、実行結果がすぐに可視化されるのが利点です。
また、実際にテーブル内に入っているデータを確認するには、「Browse Data」タブに移動します。

9.png

hiesiea
Androidをメインでやってるスマホエンジニアです。iOSも勉強中。色々な技術に興味があります。プログラミング講師や、時々モデルもやってます。主に技術情報を発信してます。Java/Android/C#/Unity/Flutter/PHP/WordPress/AWS/Kotlin/Swift/プログラミング講師/モデル
https://kmd-htsh.com/
Why not register and get more from Qiita?
  1. We will deliver articles that match you
    By following users and tags, you can catch up information on technical fields that you are interested in as a whole
  2. you can read useful information later efficiently
    By "stocking" the articles you like, you can search right away
Comments
No comments
Sign up for free and join this conversation.
If you already have a Qiita account
Why do not you register as a user and use Qiita more conveniently?
You need to log in to use this function. Qiita can be used more conveniently after logging in.
You seem to be reading articles frequently this month. Qiita can be used more conveniently after logging in.
  1. We will deliver articles that match you
    By following users and tags, you can catch up information on technical fields that you are interested in as a whole
  2. you can read useful information later efficiently
    By "stocking" the articles you like, you can search right away
ユーザーは見つかりませんでした