Edited at

screen コマンドでシリアル通信 for Mac & Linux

Mac や Linux に基本インストールされている screen コマンドを使ってシリアル通信をやってみましょう。


接続の仕方

まず。USB シリアル変換デバイスの名前をチェック

$ ls /dev/tty.usb*

/dev/tty.usbmodem1422

では screen で接続してみよう。ボーレートは 9600bps に設定

$ screen /dev/tty.usbmodem1422 9600

画面がクリアされて、受信された文字が表示されるはずです!


screen を終了させるには

screen の画面で control + a を押して、次に k を押します。

すると画面左下に Really kill this window [y/n] と表示されるので、 y を押すと screen が終了します。


mbed の printf 出力を screen で確認する

mbed では printf でシリアル通信経由の出力をすることができます。

#include "mbed.h"


AnalogIn analogOutLDO(p19);

int main() {
while(1){
printf("analogOutLDO: %d\n\r", analogOutLDO.read_u16());
wait(1);
}
}

mbed のシリアル通信は 9600bps ですので、mbed を接続した状態で以下を入力 (デバイス名は別途調べてください)

$ screen /dev/tty.usbmodem1422 9600

これで mbed からの printf 出力を受信することができます。

もちろん、キーボード入力による mbed へのデータ送信も可能です。