Git

Git初心者向けの初期設定と運用方法

More than 3 years have passed since last update.


CloneからUpstreamの設定まで


  • hogeオーガナイゼーションのfugaリポジトリをcloneする

git clone git@github.com:hoge/fuga.git

Cloning into 'fuga'...
remote: Counting objects: 109, done.
remote: Compressing objects: 100% (70/70), done.
remote: Total 109 (delta 15), reused 109 (delta 15)
Receiving objects: 100% (109/109), 12.34 KiB, done.
Resolving deltas: 100% (15/15), done.
$ cd fuga


  • リモートリポジトリとして、オリジナルのリポジトリを upstream という名前で設定

$ git remote add upstream git://github.com/fuga/hoge.git

これでリモートblanchの設定は可能


運用方法


  • master もしくは、develop branchにチェックアウトする

git checkout master

もしくは
git checkout develop


  • いまのブランチの状態を確認

git branch -a


  • 不要なローカルブランチを削除する

git branch -d feature/hogehoge


  • リモート上の削除されたブランチをローカルから削除する

git remote prune origin


  • 本家リポジトリの変更を取り出すため、fetchをします

git fetch --all

Fetching origin
Fetching upstream
remote: Counting objects: 6, done.
remote: Compressing objects: 100% (5/5), done.
remote: Total 6 (delta 0), reused 0 (delta 0)
Unpacking objects: 100% (6/6), done.
From github.com:hoge/hoge
hoge master -> upstream/master


  • fetchをしたのをマージします

git merge upstream/master

Updating hoge
Fast-forward


  • featureブランチを作成

git checkout -b feature/hogehoge


ツールの設定

bash で git コマンドのブランチ名などを補完してくれるgit-completion.bash を導入する。


  • git/contrib/completion/git-completion.bash をダウンロードして適当な場所に配置(例えば ~/.git-completion.bash)


    • home brewでgitをインストールしていたら/Users/your/brew/etc/bash_completion.d にある



  • ~/.bashrc に source ~/.git-completion.bash の一行を加える


参考

http://qiita.com/xtetsuji/items/555a1ef19ed21ee42873

http://qiita.com/snaka/items/4b0437a32da832d2e0db