IFTTTを使ってGoogleアシスタントから家計簿をつける(スプレッドシート編)


1.はじめに

Google HomeやAndroidに搭載されているGoogleアシスタント※から、様々なWebサービスを連携できるIFTTTを介して、Googleスプレッドシートに記録をしてみました。

※iPhoneでもアプリをインストールすれば利用可能です。実際にデモではiPhoneを使用しています。


2.必要なもの


  • Googleアカウント

  • IFTTTアカウント



3.目標

Googleアシスタントに「家計簿に〇〇(項目)として××円記録して」と伝えると、Gooleスプレッドシートに記録される


4.手順


4.1.事前知識


4.2.IFTTTの設定


4.2.1.Googleアシスタントの選択

Step 1 Choose a service画面で「Google Assistant」を検索し、クリックします。

4-2-1_Googleアシスタントの選択.png


4.2.2.トリガーの種類を選択し設定

Step 2 Choose trigger画面で「Say a phrase with both a number and a text ingredient」をクリックします。

4-2-2_トリガーの種類を選択.png

Complete trigget fields画面が表示されるので、設定をしていきます。

「What do you want to say?」にトリガーとなるフレーズを入力します。

記録したいテキストの箇所に$、数字の部分に#を入力します。

注意点として、$と#の前後に半角スペースがないとエラーが発生します。

×「家計簿に$として#円記録して」

4-2-2_トリガーの設定_1.png

「What's another way to say it?(optional)」と「And another way?(optional)」は、オプションとなっており、異なるパターンのフレーズを登録したい場合に入力します。

「What do you want the Assistant to sat in response?」にGoogleアシスタントが返答するフレーズを入力します。

4-2-2_トリガーの設定_2.png

「Language」は、「Japanese」を選択します。

すべて入力が終わったら、「Create trigger」をクリックします。


4.2.3.Googleスプレッドシートの選択

Step 3 Choose action service画面で「Google Sheet」を検索し、クリックします。

4-2-3_Googleスプレッドシートの選択.png


4.2.4.アクションの種類を選択

Step 4 Choose action画面で「Add row to spreadsheet」をクリックします。

4-2-4_アクションの選択.png


4.2.5.Googleスプレッドシートの設定

Step 5 Complete action fields画面が表示されるので、設定していきます。

4-2-6_アクションの設定.png

「Add row to spreadsheet」にデータを登録したいスプレッドシート名を入力します。

※指定したスプレッドシート名が存在しない場合は、ファイルが新規作成されます。

「Formatted row」欄に値を挿入する順序を入力します。

列の区切りには「|||」(バーティカルバー3本)を使います。

「Drive folder path」

登録したいスプレッドシートがどの階層(フォルダ)にあるかを入力します。

すべて入力が終わったら、「Create action」をクリックします。


4.2.6.Appletの登録

Step 6 Review and finish画面で、自分が分かりやすいAppletの説明を入力します。

4-2-6_Appletの登録.png

入力したら、「Finish」をクリックして、Appletの作成は終了です。


4.3.動作テスト

今回は、手元にiPhoneしかなかったので、GoogleアシスタントのiPhoneアプリを使用します。

Googlアシスタントに「家計簿に昼食代として480円記録して」と話しかけたところ、「家計簿に 昼食 代として 480円 記録しました」と返答されました。

これでトリガーは動いていることが確認できました。

4-5_Googleアシスタント.png

Googleスプレッドシートを確認してみると、家計簿ファイルにデータが追加されていました。

これでアクションも動いていることが確認でき、目標は達成しました。

4-5_Googleスプレッドシート_結果.png


5.最後に

少しずつIFTTTに対応したサービスやトリガー・アクションの種類が増えているようなので、いろいろと今後も試していきたいと思います。