Edited at

Raspberry Pi 3/ Zero / Zero W等で watchdogを有効化する

More than 1 year has passed since last update.


Overview

Raspberry Pi3をサーバーにして、1日1回再起動させたりもしているが、たまに固まることがある。

そこで、Raspberry Pi 3/ Zero / Zero W等で watchdogを有効化にしてみます。

diff表記にします。

- が先頭の行は修正前

+ が先頭の行は修正後 (+ は不要)


/bootの編集


/boot/config.txt

-#dtparam=watchdog=off

+dtparam=watchdog=on


watchdog.conf


/etc/modprobe.d/bcm2835-wdt.conf

+options bcm2835_wdt heartbeat=10 nowayout=0



system.conf


/etc/systemd/system.conf

-#RuntimeWatchdogSec=0

+RuntimeWatchdogSec=5

watchdog.confで、10秒間heartbeatが来ないと再起動に設定したので、

5秒おきにheartbeatするように設定する例です。

再起動して、dmesg | grep bcm とかして watchdogが動いてることを確認してください。