Edited at

MacBook Pro Retina (Late 2013) の内蔵SSDを交換した

MacBook Pro Retina, 13-inch, Late 2013 の内蔵SSDが死んだ。

駄目元でSSDを換装したが簡単に交換修理出来た。

同じ状況に陥った人の役に立てたら嬉しい。


免責事項


  • 本記事によって生じたいかなる損害も筆者は保証できません。

  • 本記事で紹介している操作を行うかどうかは、ご自身の自己責任でご判断ください。

  • コメント欄などで助けを求められても、力になれない可能性が高いです。ご了承下さい。


TL;DR



交換したSSD


  • Transcend JetDrive 820 240GB

  • 他のメーカーの物もあるようだが、Transcend の方が信頼出来るのでこれにした。

  • 価格はAmazonが最安値だった。


注意点



  • JetDrive 825という、JetDrive 820とThunderbolt対応のアルミ筐体ケースのセットもあるが、今回は内蔵SSDが死んでいるためケースは要らないので JetDrive 820 にした。



  • 駄目元ということもあり、256GB の内蔵SSDから 240GB のSSDに容量を減らし交換した。

  • 容量を下げると Time Macihne バックアップからの復元が出来無いらしい。


  • Time Macihne バックアップからの復元を考えている場合は故障したSSDよりも容量の大きいものに交換したほうが安全なようだ。


    • 例えば,256GB の内蔵SSDの場合,480GB の JetDrive 820 が良い。




交換方法


  1. 付属のドライバーで MacBook Pro の裏面のネジを外し、開ける。

  2. バッテリーと基板の接続部を外す。

  3. 付属のドライバーで内蔵SSDを固定しているネジを外し、交換してネジで固定。

  4. バッテリーと基板を接続して、裏面のカバーをネジで固定

以上。10分もかからない。

不安な場合はこの動画を見て欲しい。

この動画と付属の取説を見れば誰でも簡単に出来るだろう。

この後に

1. 「macOS 復元」から「ディスクユーティリティ」でSSDをフォーマット

2. クリーンインストール

した。


ちなみに、下記がSSDを交換するに至る故障の背景。


故障の症状


  • 突然フリーズし、何も受け付けなくなったので強制終了し再起動する。

  • 起動音はするものの、黒い画面に?が描かれた白いフォルダが点滅表示され続ける。


故障個所の特定過程


対策


  • 保障切れなので駄目元でSSDを換装する。

  • Apple の有償修理よりも安く治せそう。



まとめ


  • MacBook Pro Retina, 13-inch, Late 2013 に Transcend JetDrive 820 240GB を交換出来た。

  • 新しく MacBook pro を買わずに済み、10万円は浮いた。

  • 新しいコンピュータに買い換える場合も、数万円でサブのmacになる。

  • Transcend JetDrive 820 へのSSD交換はオススメ出来る。