Help us understand the problem. What is going on with this article?

セキュリティ関連文書・リンクのまとめ

目的

設計、プログラミング、顧客説明等、様々なタイミングでセキュリティに関する調査を行います。
その都度、探さずに済むようリンクをまとめます。

セキュリティ設計

IPA 情報セキュリティ対策
https://www.ipa.go.jp/security/measures/index.html
ISMS(情報セキュリティマネジメントシステム)
https://isms.jp/
NIST CSF(IPA 翻訳版)
https://www.ipa.go.jp/files/000071204.pdf

脆弱性対策

IPA 脆弱性対策(脆弱性対応ガイドライン等)
https://www.ipa.go.jp/security/vuln/index.html#section1
日本ネットワークセキュリティ教会
http://www.jnsa.org/

プログラミング

JPCERT/CC セキュアコーディング
https://www.jpcert.or.jp/securecoding/
IPA セキュアプログラミング講座(掲載が少し古い)
https://www.ipa.go.jp/security/awareness/vendor/programmingv2/index.html
IPA 普及啓発資料(安全なウェブサイトの作り方、安全なSQLの呼び出し方、等々)
https://www.ipa.go.jp/security/vuln/index.html#section20

ペネトレーションテスト

PCI DSS Penetration Testing Guidance(ペネトレーションテストと脆弱性診断の違い、必要資格、等)
https://www.pcisecuritystandards.org/document_library

脆弱性情報の収集

JVN
https://jvn.jp/
IPA 脆弱性対策(脆弱性の新着情報)
https://www.ipa.go.jp/security/vuln/index.html#section2
@police(警察庁)(インターネット定点観測情報がある)
https://www.npa.go.jp/cyberpolice/
OWASP TOP 10
https://www.owasp.org/images/2/23/OWASP_Top_10-2017%28ja%29.pdf
LAC(注意喚起)
https://www.lac.co.jp/lacwatch/alert/

文書体系

NISTのSPシリーズ(SPシリーズ以外もあり気になる)
https://csrc.nist.gov/publications/sp
IPAの日本語翻訳済みNIST文書
https://www.ipa.go.jp/security/publications/nist/index.html
PCIDSS(Payment Card Industry Data Security Standard)※日本語版あり
https://www.pcisecuritystandards.org/document_library
日本カード情報セキュリティ協議会
http://www.jcdsc.org/index.php

セキュリティーブログ

Microsoft 日本セキュリティチームのブログ
https://blogs.technet.microsoft.com/jpsecurity/

https://www.secure-sketch.com/blog/nist-cybersecurity-framework
イギリス NCSC https://www.ncsc.gov.uk/
オーストラリア ACSC https://www.cyber.gov.au/publications/strategies-to-mitigate-cyber-security-incidents-mitigation-details

警察庁 https://www.npa.go.jp/cyber/
総務省 http://www.soumu.go.jp/menu_news/s-news/01cyber01_02000001_00001.html
経産省 https://www.meti.go.jp/policy/netsecurity/mng_guide.html
有名なOSS界隈だと
OWASP https://www.owasp.org/index.php/Guidelines_of_OWASP

後で見るメモ
https://www.jnsa.org/result/incident/2018.html
https://ocw.mit.edu/courses/electrical-engineering-and-computer-science/6-858-computer-systems-security-fall-2014/index.htm
https://www.ipa.go.jp/security/publications/hakusyo/2019.html

■GDPR完全遵守企業は28%、対応しきれないのは30%超

​​Capgeminiによる1000人以上の担当者に調査。前回(2018/5)調査で78%が対応できると回答したが、今回完全対応したのは28%、36%はGDPRの条件が複雑すぎて導入に多段の努力が必要とし、3分の1は準拠の経済的コストが高く対応しきれないと回答。一方、対応している企業の90%の役員がブランド力や信頼向上につながったと回答している。
News Release
https://www.capgemini.com/jp-jp/news/championing-data-protection-and-privacy-report/

■CCPA対応に企業は最大6兆円負担
カリフォルニア消費者プライバシー法(CCPA: California Consumer Privacy Act) への対応に、企業は最大6兆円の負担が発生するとの報告。
https://jp.cointelegraph.com/news/ccpa-costs-california-companies-55-billion-dollar
元記事https://www.cnbc.com/2019/10/05/california-consumer-privacy-act-ccpa-could-cost-companies-55-billion.html
レポートhttp://www.dof.ca.gov/Forecasting/Economics/Major_Regulations/Major_Regulations_Table/documents/CCPA_Regulations-SRIA-DOF.pdf

■ サイバー危機対応机上演習(CyberCREST):11/15(金)、16(土)開催

・日程:2019年11月15日(金)~11月16日(土) 2日間
・場所:独立行政法人 情報処理推進機構
東京都文京区本駒込2-28-8 文京グリーンコートセンターオフィス 13階
・受講料:30万円(税込)
本演習は、米国IronNet Cybersecurity社(※)のナレッジ・ノウハウをベースに、IronNet Cybersecurity社とIPAが我が国の社会インフラ・産業基盤防護をテーマにオーダーメイド開発したもので他にないプログラムです。米国CISO経験者やサイバーセキュリティ専門家が来日して実施致します。
※IronNet Cybersecurity社:米国国家安全保障局(NSA)元長官、米国サイバー
軍初代司令官のキース・B・アレクサンダー氏が共同最高経営責任者を務める会社です。
Industrial Internet Consor​tiumから、掲題のレポート(英語)が公開されていました。
データ保護の事例が体系的にまとめられています。

Data Protection Best Practice (IIC)​
https://www.iiconsortium.org/pdf/Data_Protection_Best_Practices_Whitepaper_2019-07-22.pdf

立情報学研究所「高信頼な機械学習応用システムによる価値創造」プロジェクトで、FRAMワークショップとSTAMPワークショップの合同開催となっています。
https://ai-iot-system-safsec.connpass.com/event/150933/
プログラムの詳細は、こちらです。
https://qaml.jp/2019/10/15/ai-iot-participate/​​​​

FRAMとSTAMPについては、いかが参考になるかもです。
https://www.ipa.go.jp/files/000057123.pdf​​

東京電機大学(東京:北千住駅)にて「CySec国際化サイバーセキュリティ学特別コース」の2020年度コースの募集が開始されます。(1年間:半年講座*7科目)

この講座は国際的な情報セキュリティ・プロフェッショナル認定資格であるCISSPの共通知識体系を基本としたカリキュラムを準備し、CISSP資格の取得に活用できます。

また、法律・倫理など制度的枠組み、攻撃者の意図や行動に関する洞察、企業ガバナンスなど、幅広くかつ高度な能力を育成するための7科目にて構成されます。

受講費も比較的安価な為、興味がありましたら、以下御参照下さい。

●Web
https://cysec.dendai.ac.jp/admission/

●募集受付期間 2019年 11月18日(月)~ 2019年 12月18日(水)12:00

●受講手続き時に必要となる費用(登録料・受講費・施設利用費・電子教材費)
【登録料】  10,000円
【受講費】  32,000円/科目  (7科目で 224,000円)
1科目 32,000円 2科目 64,000円 3科目 96,000円 4科目 128,000円
5科目 160,000円 6科目 192,000円 7科目 224,000円

IPAは2018年に社会的影響が大きかった情報セキュリティ上の脅威を「情報セキュリティ10大脅威2019」として発表(1/30)、「個人」と「組織」にわけて上位10項目を選出している。2月下旬には10大脅威の詳細な解説をウェブサイトで公開予定。

・プレス発表 「情報セキュリティ10大脅威 2019」を決定

内閣サイバーセキュリティセンター(NISC)の「インターネットの安心安全ハンドブックV4.03」
マカフィーは、日本国内の経営層や情報システム部門などのビジネスパーソンを対象に「2018年のセキュリティ事件に関する意識調査」を実施し、その結果を基にした2018年の10大セキュリティ事件を発表。

マカフィー、2018年の10大セキュリティ事件ランキングを発表

hidemaru
Why not register and get more from Qiita?
  1. We will deliver articles that match you
    By following users and tags, you can catch up information on technical fields that you are interested in as a whole
  2. you can read useful information later efficiently
    By "stocking" the articles you like, you can search right away