Help us understand the problem. What is going on with this article?

LINE Messaging API から Dialogflow に Webhook してみる

More than 1 year has passed since last update.

LINE Messaging API x Dialogflow

このドキュメントは、LINE Messaging APIDialogflow のWebhook 連携方法および手順についてざっくり記述してます。

LINE Messaging API から Dialogflow に Webhook してみる

STEP 1: チャネルを登録する(LINE Messaging API)

  1. LINE Developersの公式ドキュメント「Messaging APIを利用するには」に記載の手順に沿ってチャネルを作成する。

  2. チャネルが作成出来たら、対象のプロバイダから作成したチャネル ページにアクセス

  3. 「チャネル基本設定」タブの「メッセージ送受信設定 > Webhook送信」を「利用する」に切り替える

  4. 「チャネル基本設定」にて、以下の3つの情報をコピーしておく。
    ※ Dialogflow とのWebhook連携で使用

区分 名称 説明
基本設定 Channel ID チャネルを区別するための識別子
基本設定 Channel Secret チャネル固有の秘密鍵
メッセージ送受信設定 アクセストークン(ロングターム) API利用に必要なトークン。 ※ 要発行

STEP 2: Dialogflow の Integration を設定する

  1. Dialogflow のダッシュボードメニューから、"Integrations" をクリック。
  2. グリッド形式の対応アプリ一覧から、LINEを選択してトグルチェックをONにする

  1. 表示されるダイアログに、前述のLINE Messaging APIの設定情報を入力する

    • Channel ID
    • Channel Secret
    • Channel Access Token
  2. Webhook URL をコピー

  3. STEP 1 で作成した LINE のチャネル ページに戻り、 コピーした Webhook URL を「チャネル基本設定」タブの「メッセージ送受信設定 > Webhook URL」に設定

  4. ダイアログの「START」ボタンをクリックして、BOTを有効にする。

STEP 3: 接続を確認する

  1. LINE のチャネル ページ の「LINEアプリへのQRコード > QR コード」を読み取って、アプリ検証ができる。
Why not register and get more from Qiita?
  1. We will deliver articles that match you
    By following users and tags, you can catch up information on technical fields that you are interested in as a whole
  2. you can read useful information later efficiently
    By "stocking" the articles you like, you can search right away
Comments
No comments
Sign up for free and join this conversation.
If you already have a Qiita account
Why do not you register as a user and use Qiita more conveniently?
You need to log in to use this function. Qiita can be used more conveniently after logging in.
You seem to be reading articles frequently this month. Qiita can be used more conveniently after logging in.
  1. We will deliver articles that match you
    By following users and tags, you can catch up information on technical fields that you are interested in as a whole
  2. you can read useful information later efficiently
    By "stocking" the articles you like, you can search right away
ユーザーは見つかりませんでした