Rails4+Capistrano3+Nginx+Unicorn EC2へのデプロイ < 後編 >

  • 1
    いいね
  • 0
    コメント

インフラ勉強中の者がAWSにrailsアプリをEC2にデプロイしたので備忘録として残します。
< 後編 >です。

【イメージ】
スクリーンショット 2017-05-09 11.04.30.png

< 前編 >Unicorn の設定までを実施しました。

デプロイチェック

ローカル
$ bundle exec cap production deploy:check

デプロイチェックをすると下記のようなエラーが出るはずです。

~ 省略 ~
00:02 deploy:check:linked_files
ERROR linked file /var/www/deployApp/shared/config/database.yml does not exist on YOUR_IP_ADDRESS

/var/www/deployApp/shared/config/database.yml が存在しないためのエラーです。

shared ディレクトリは、Capistranoが自動生成するディレクトリです。
EC2の qiitaApp の配下を確認します。

EC2
[myname@ip-10-0-1-86 qiitaApp]$ ls -la
drwxrwxr-x 4 ec2-user ec2-user 4096  5  9 04:08 .
drwxrwxrwx 3 root     root     4096  5  9 04:06 ..
-rw-rw-r-- 1 ec2-user ec2-user    6  5  9 03:33 .ruby-version
drwxrwxr-x 2 ec2-user ec2-user 4096  5  9 04:08 releases ← 自動生成
drwxrwxr-x 7 ec2-user ec2-user 4096  5  9 04:08 shared ← 自動生成

config 配下に database.yml を生成すればエラーは出なくなるのですが、次に同じようにsecrets.ymlが存在しないというエラーが出ますので、共に生成して変更します。

EC2上にdatabase.ymlの生成の前にローカルの database.yml を変更します。

ローカル
$ vi config/database.yml 

======================= database.yml ================================

~ 省略 ~
#production:
#  <<: *default
#  database: db/production.sqlite3
   ↓↓↓
production:
  <<: *default
  adapter: mysql2
  database: qiita_db
  host: qiita_db.xxxxxxxxxxxxxx.ap-northeast-1.rds.amazonaws.com                                                                                                                                                     
  username: qiita_user
  password: YOUR_DB_PASS
  encoding: utf8

====================================================================

変更したら database.yml 全体をコピーして保存します。

EC2
[ec2-user@ip-10-0-1-86 qiitaApp]$ cd shared/config/
[ec2-user@ip-10-0-1-86 config]$ touch database.yml
[ec2-user@ip-10-0-1-86 config]$ vi database.yml

======================= database.yml ===============================

 ローカルでコピーしたdatabase.ymlを貼り付けます。

====================================================================

同様に secrets.yml もローカルの中身をコピーして(変更はなし)、configの配下に secrets.yml を生成して貼り付けます。

EC2
[ec2-user@ip-10-0-1-86 config]$ touch secrets.yml
[ec2-user@ip-10-0-1-86 config]$ vi secrets.yml

再度、デプロイチェックを実施します。

ローカル
$ bundle exec cap production deploy:check

エラーが出なければdeploy:checkは完了です。

デプロイ

ローカル
$ bundle exec cap production deploy --trace #traceをつけることでバグの箇所を発見しやすくします

エラーが出なければデプロイ完了です。

今回は、scaffoldで簡単なUserアプリを生成しているので、 直接、http://IP_ADDRESS/users/ を叩いて確認してみます。

...おそらく500エラーが返ってきてしまって確認できないと思います。

Unicornの状態とエラーログを確認します。

EC2
[ec2-user@ip-10-0-1-86 config]$ ps ax | grep unicorn
30256 ?        Sl     0:01 unicorn master -c /var/www/qiitaApp/current/config/unicorn.rb -E deployment -D                                             
30311 ?        Sl     0:00 unicorn worker[0] -c /var/www/qiitaApp/current/config/unicorn.rb -E deployment -D                                          
30313 ?        Sl     0:00 unicorn worker[1] -c /var/www/qiitaApp/current/config/unicorn.rb -E deployment -D                                          
30316 ?        Sl     0:00 unicorn worker[2] -c /var/www/qiitaApp/current/config/unicorn.rb -E deployment -D                                          
30334 pts/1    S+     0:00 grep --color=auto unicorn

Unicornは稼働していることが確認できます。
次はエラーログです。

EC2
[ec2-user@ip-10-0-1-86 config]$ cd ../..
[ec2-user@ip-10-0-1-86 qiitaApp]$ tail -f current/log/unicorn_error.log 

この状態で再度ローカルからデプロイします。

ローカル
[ec2-user@ip-10-0-1-86 qiitaApp]$ bundle exec cap production deploy
EC2
I, [2017-05-09T06:57:08.516736 #30256]  INFO -- : executing ["/var/www/qiitaApp/shared/bundle/ruby/2.3.0/bin/unicorn", "-c", "/var/www/qiitaApp/current/config/unicorn.rb", "-E", "deployment", "-D", {8=>#<Kgio::UNIXServer:fd 8>}] (in /var/www/qiitaApp/releases/20170509065649)
I, [2017-05-09T06:57:08.735844 #30256]  INFO -- : inherited addr=/tmp/unicorn.sock fd=8
I, [2017-05-09T06:57:08.736108 #30256]  INFO -- : Refreshing Gem list
I, [2017-05-09T06:57:09.978667 #30311]  INFO -- : worker=0 ready
I, [2017-05-09T06:57:09.981219 #30256]  INFO -- : master process ready
I, [2017-05-09T06:57:09.982336 #30313]  INFO -- : worker=1 ready
I, [2017-05-09T06:57:09.985331 #30316]  INFO -- : worker=2 ready
I, [2017-05-09T06:57:10.155786 #29111]  INFO -- : reaped #<Process::Status: pid 29166 exit 0> worker=0
I, [2017-05-09T06:57:10.155874 #29111]  INFO -- : reaped #<Process::Status: pid 29168 exit 0> worker=1
I, [2017-05-09T06:57:10.155945 #29111]  INFO -- : reaped #<Process::Status: pid 29171 exit 0> worker=2
I, [2017-05-09T06:57:10.155973 #29111]  INFO -- : master complete

この時点ではエラーらしきものが出ていません。

再度 http://IP_ADDRESS/users/ を叩いて確認してみます。

EC2
E, [2017-05-09T06:59:27.508190 #30316] ERROR -- : app error: Missing `secret_token` and `secret_key_base` for 'production' environment, set these values in `config/secrets.yml` (RuntimeError)

Missing secret_token and secret_key_base とあります。
EC2上の qiitaApp/current/config/secrets.yml の secret_key_base:の環境変数(SECRET_KEY_BASE)が設定されていないことが原因です。

EC2
[ec2-user@ip-10-0-1-86 qiitaApp]$ cd current
[ec2-user@ip-10-0-1-86 current]$ bundle exec rake secret
1234567890abcdefghijklmnopqrstuvwxyz1234567890abcdefghijklmnopqrstuvwxyz ←コピーする
[ec2-user@ip-10-0-1-86 current]$ vi config/secrets.yml 

============================== secrets.yml ==================================

~ 省略 ~
production:
  secret_key_base: <%= ENV["SECRET_KEY_BASE"] %>
          ↓↓↓
  secret_key_base: 1234567890abcdefghijklmnopqrstuvwxyz1234567890abcdefghijklmnopqrstuvwxyz

=============================================================================

本来であれば、直接入力するのではなく、

SECRET_KEY_BASE=1234567890abcd...
export SECRET_KEY_BASE

とかで環境変数のまま使用すべきです。
が、何回実施してもググってもうまくいかなかったので、取り急ぎ直接入力で対応します。
dotenvというgemがあるようなので、それで対応してもいいと思います。

再度、ローカルからデプロイして、urlを叩けば下記の画面が表示されると思います。
スクリーンショット 2017-05-09 16.28.33.png

大変参考にさせていただきました。
capistranoを使ってrailsをnginx+unicorn+mysqlの環境にデプロイする
ローカルで開発したRailsアプリをCapistrano3でEC2にデプロイする
Capistrano3でUnicorn+Nginxな環境にRailsをデプロイする:初心者向け
Railsプロダクション環境 Unicornでsecret_key_baseが設定されていないとエラーが出る