Help us understand the problem. What is going on with this article?

CSSでスクロールバーをカスタマイズ

More than 1 year has passed since last update.

webkit系のSafariとChrome限定ですが、CSSプロパティ::-webkit-scrollbarでブラウザのスクロールバーをカスタマイズできます。

Mac OSのオシャレUI…

OS X以降のMacOSではスクローラブルな要素に対してもスクロールバーは非表示で、スクロールが始まったタイミングで初めてふわりと表示させる仕様になっています。
お洒落な演出ですが、この演出のせいでスクロールバー非表示のMacとスクロールバー常時表示のWinでレイアウトがずれてしまうという困った現象が起きます。
OSが違うだけで全く同じブラウザ相手なのでブラウザハックも使えません。

でも::-webkit-scrollbarを覚えておけばもう安心!

応用

::-webkit-scrollbarを特定のクラスの中(下記の例なら.container内)に書けば、そのクラスの中だけでスクロールバーのデザインを変えることができます。
メディアクエリを使ってスマホ時とPC時のスクロールバーを異なるデザインにするのも良さそう。

HTML&CSS

index.html
<div class="container">
  <div class="inner"></div>
</div>
scrollbar.css
/*スクロールバー全体*/
::-webkit-scrollbar {
    width: 10px;
}

/*スクロールバーの軌道*/
::-webkit-scrollbar-track {
  border-radius: 10px;
  box-shadow: inset 0 0 6px rgba(0, 0, 0, .1);
}

/*スクロールバーの動く部分*/
::-webkit-scrollbar-thumb {
  background-color: rgba(0, 0, 50, .5);
  border-radius: 10px;
  box-shadow:0 0 0 1px rgba(255, 255, 255, .3);
}

.container{
  width: 100%;
  height: 400px;
  overflow: auto;
}

.inner{
  background-image: url("http://lorempixel.com/800/800/");
  background-repeat: no-repeat;
  width:100%;
  height:800px;
}

サンプル

https://jsfiddle.net/6m7bpu5e/4/

cloudpack
Amazon Web Services (AWS) の導入設計、環境構築、運用・保守をサポートするマネジドホスティングサービス
https://cloudpack.jp/
Why not register and get more from Qiita?
  1. We will deliver articles that match you
    By following users and tags, you can catch up information on technical fields that you are interested in as a whole
  2. you can read useful information later efficiently
    By "stocking" the articles you like, you can search right away
Comments
No comments
Sign up for free and join this conversation.
If you already have a Qiita account
Why do not you register as a user and use Qiita more conveniently?
You need to log in to use this function. Qiita can be used more conveniently after logging in.
You seem to be reading articles frequently this month. Qiita can be used more conveniently after logging in.
  1. We will deliver articles that match you
    By following users and tags, you can catch up information on technical fields that you are interested in as a whole
  2. you can read useful information later efficiently
    By "stocking" the articles you like, you can search right away
ユーザーは見つかりませんでした