Help us understand the problem. What is going on with this article?

Tecent Cloud 音声通話サービスをWebで試した

Tencent Cloudのご紹介

  • Tencent CloudにはIaaS、Paas、SaaSに別れて、プロダクト数は200以上
  • アカウントは下記2種類

TRTCについて

TRTCはTencent Cloudより提供するリアルタム音声ビデオ通話サービスです。各プラットホームのSDK(iOS/Android/Windwos(Browser and desktop app)/Mac(Browser and desktop app) )を提供しいるので、簡単にアプリを作成できる。本記事はWeb SDKに基づく、Webのtrtcビデオ通話アプリのデモを紹介します。

手順

1. コンソールでアプリケーションの作成

TRTCのコンソールで「Develop Assistance」の「Demo Quick Run」をクリックして、そこで好みのアプリの名前を入力してから「Create Application」を押下すると、コンソールでアプリケーションの作成が完了!!!
image.png
image.png

2. ソースコードの設定

  • TRTC WebのDemoのソースコードをDownloadする。
    Web Demo download

  • 「Application Management」で手順1で作成したアプリケーションのSDKAPPIDSECREKEYを確認できる。
    image.png
    image.png

  • 上記のSDKAPPIDSECREKEYを先downloadしたソースコードのTRTCSDK/Web/js/debug/GenerateTestUserSig.jsファイルに設定する
    image.png

3. ローカルでChromeブラウザでの動作確認

ここまではアプリの設定が完了です。動作確認の場合は、直接にChromeでTRTCSDK/Web/js/index.jsを開ければ、動作確認できる。2人で通話を試したい場合は、もう一つのブラウズで同じルーム番号にログインすれば、2人の通話を体験できます。(今回は便利のために、jsのソースコードをローカルで確認しますが、もちろんjsのソースコードをサーバにデプロイして、そのIPアドレスを経由してアクセスもできる。)
image.png
image.png

同じブラウズで同じルームにログインした画面:
image.png

通話の詳細の確認

TRTCのコンソールで[Usage Statistics]のクリックすると、通話の時間や通話の詳細イベントなどを確認もできる。これは問題の調査に非常に便利だと思う。
image.png

まとめ

2行のソースコードを叩くだけで、Tencent CloudでTRTC Web Demoを試した。非常に便利を感じた!!!

Why not register and get more from Qiita?
  1. We will deliver articles that match you
    By following users and tags, you can catch up information on technical fields that you are interested in as a whole
  2. you can read useful information later efficiently
    By "stocking" the articles you like, you can search right away
Comments
No comments
Sign up for free and join this conversation.
If you already have a Qiita account
Why do not you register as a user and use Qiita more conveniently?
You need to log in to use this function. Qiita can be used more conveniently after logging in.
You seem to be reading articles frequently this month. Qiita can be used more conveniently after logging in.
  1. We will deliver articles that match you
    By following users and tags, you can catch up information on technical fields that you are interested in as a whole
  2. you can read useful information later efficiently
    By "stocking" the articles you like, you can search right away
ユーザーは見つかりませんでした