Slack

Slackを導入する方法

More than 3 years have passed since last update.


1. はじめに

この記事は、Slackに関して右も左も分からない人に向けて、Slackを便利に使っていく方法を解説します


2. Slackとは

Slackは、LINEやカカオトークなどと同じ、コミュニケーション(チャット)ツールです

ただ、LINEやカカオトークとは違い、企業コミュニケーション向けのツールなので、大人数でモノづくりをする際の、情報共有等に向いたツールと言えるでしょう


3. Slackを使う利点

ここでは、コミュニケーションツールとしてのシェアが高いLINEと比較して、Slackの利点を挙げます


  1. メッセージのピン留めができる(LINEはメッセージが上に流れていくだけ)

  2. ファイルの共有がLINEよりやりやすい(クラウドストレージっぽく共有できる)

  3. post機能がある(LINEのノート機能の強化版)

  4. グループチャットが、LINEより手軽に作れる

  5. 公私でチャットツールの使い分けができる(仕事はSlack、プライベートはLINEなど)


4. Slackを使う欠点

日本語に対応していません

導入をためらう理由があるとすれば、これでしょう

しかし、今後日本語に対応する可能性は十分ありますし、日本でも流行りつつあるツールなので、日本語でSlackの使い方を解説しているサイトは山ほどあります(この記事でも、基本から応用まで使い方を一通り解説します)


5. Slackでコミュニケーションを取るには

Slackには、チームという概念があり、チームの中にいるメンバーとは、自由にメッセージをやり取りできます(個チャ的な存在)

また、そのチームの中に、チャンネルと呼ばれるグループを作ることができ、そのグループ内でメッセージを共有してやりとりすることも可能です(グループチャット機能)


6. Slack導入(Web版)

Slackが使える環境を整えましょう

Web版、SP版(Android,iOS対応)、PC版(Win,Mac,Linux対応)のソフトウェアがあるのですが、DLとかインストールが不要な、Web版を用いて、導入方法を解説します

既にチームが誰かによって作られていて、それに勧誘されている場合は、「6. チームに入る」まで飛ばしてください

また、SP版、PC版の解説はしませんが、Web版と同様な手順で導入できますので、適宜読み替えてください

①こちらのリンクから、公式サイトにアクセス

 https://slack.com/

②チームを作る

 無題.png

 こんな画面が表示されているはずなので、「Email address」に、自分の任意のメールアドレスを打ち込み、

 「Create a new team」をクリック

 

 無題.png

 この画面で、チーム名を決めます。任意のチーム名を入力して、「Next」をクリック

 無題.png

  この画面で、slackのWebアドレスを決めます。ログインする際には、このアドレスを使うので、

  団体・組織なら、略称などを使って、簡単なアドレスにすることをおすすめします

 入力を終えたら「Next」

 

 無題.png

 自分の名前と、Slack上で使う名前「Username」を入力します。本名じゃなくてもいいですが、

 自分だとわかるものがいいです

 無題.png

 入力した項目の最終チェック。問題がなければ「Create my new Slack team」をクリック

 無題.png

 チームに参加してほしいメンバーのメールアドレスを入力して

 

 無題.png

 こんな画面が出れば完了

 無題.png

 続いて、チームにログインするためのパスワードを設定するようにと、メールが来るので、「Set my password」をクリックして、

 無題.png

 チームにログインするためのパスワードを設定します

 これでSlackの導入は完了です


7. チームに入る

先ほどの5.②の手順で、チームに招待されていた場合、自分のメールアドレス宛に招待メールが来ているはずです

こんなやつ↓

無題.png

これの「Join team」をクリックしてください

無題.png

チームに参加するために、自分のアカウントを作る必要が有るため、名前と、Slack上で表示される名前「Username」を決めます

無題.png

そして、チームにログインするためのパスワードを設定します

以上でチームにログインすることができるようになります


8. PC版のSlackの導入

次に、PC版アプリでSlackを導入する方法を解説します

①ここから、自分のPCの環境にあったインストーラをDLして、インストール

 https://slack.com/downloads

②「Sign in」をクリックして、チームアドレスのドメインを入力し、「Continue」をクリック

 無題.png

③招待メールが届いた自分のメアドを入力

 無題.png

④パスワードを手入力する(Type password)か、リンクをクリックするだけでログインできるリンクを、メールで送ってもらう(Send magic link)か選んでログイン

 無題.png


9. SP版のSlackの導入

ここで、スマートフォンでSlackを導入する方法を解説します

Android端末での使い方を解説しますが、iOSでも基本は同じなので、適宜読み替えてください

①PlayストアからSlackをインストール

②「SIGN IN」を選択

③チームアドレスのドメインを入力し、右上の「NEXT」

④招待メールが送られたメールアドレスを入力し「NEXT」

⑤パスワードを手入力する(Type password)か、リンクをクリックするだけでログインできるリンクを、メールで送ってもらう(Send magic link)か選んで「NEXT」


10. チャンネルについて


generalチャンネルについて

generalチャンネルは、チームに参加しているメンバー全員が加入しているチャンネルです

要するに、ここでメッセージを送れば、全員に届きます


チャンネルを作る方法

チャンネルを作るには、「CHENNELS」の横にある「+」マークを押せば、作成できます

publicチャンネルの場合は、チームメンバー全員が、そのグループのチャットを閲覧したり、入退室したりできます

privateチャンネルは、招待されなければ、そのグループのチャットを閲覧したり、入退室したりできません