Help us understand the problem. What is going on with this article?

Visual Programming Editorをどうやって実現するかざっと考えてみた

More than 3 years have passed since last update.

いきさつ

近頃GoogleのBlocklyやらUnreal EngineのBlueprintsを見ていて「こういうの作ったら仕事が楽になりそうだなぁ」というサボり虫が騒ぎました。特に初期の開発フェーズのプロトタイプには効果がありそう。ということで、では「実際に自作する場合はどうするか」を検討してみる事に。

注意

いろいろ調べてどうやったら実現できそうかをメモしただけです。実際に動作するモジュールだとかアプリケーションは作っていないので、そういったものをお探しの場合は以降の内容を見る価値はありません。

想定する動作環境

基本的に職場はWindowsなのでWPF、もしくはWebアプリケーションも検討する。出力するデータはXMLやJSON、それかCのソースコードを直接出力。

先人の知恵をあたる

ざっとググってみた感じでは以下のページが参考になりそうでした。ノードをコネクターでつないでいくGUIがいいと思っているのでBlocklyのようなものは除外しています。

WPFでダイアグラムを実装する

CodeProjectのこの記事が良かったです。ただ、出来上がりはVisioのようなものになります。

Flood

JavaScriptによる3D Visual Programming環境。ソースコードはGithubでホスティングされているので参考になりそう。GUIはこのノードにコネクターつないでいくのが理想です。

JointJS

JointJSのこのあたりを参考にどうにかならんもんか。

vvvv

聞いたことの無い環境でした。プロジェクトページはこちら
Processingのコードが出力されるのかな?ともかく参考にはなりそう。

既存のRecord Mapper

そもそも用途が違う気がするので飽くまでGUIの参考として。こんなやつとかです。でも、このサンプルは大分流用できそうな気がします…。

といった具合です。わかってはいましたが、道のりは楽ではないです。

まとめ

理想はFloodなのですが、いかんせん近年のJavaScript界隈は変化が激しすぎるため仕事でメンテし続けるのは辛そうだなと…。WPFのサンプルを参考にContentTemplateやControlTemplateあたりをゴニョゴニョするのが無難かな…。

追記15/05/07

WPFの記事を考察して、更にMVVMベースで改造した方がいました。

http://www.codeproject.com/Articles/484616/MVVM-Diagram-Designer

heyhachi
都内で働く人。 業種的には組み込み系寄りだが、ハードを叩くコードを書いたりすることはそんなにない。 基本的に業務はC言語で行うが、広く浅く色々とちょっかいを出す浮気症。 酒と写真が好き。
Why not register and get more from Qiita?
  1. We will deliver articles that match you
    By following users and tags, you can catch up information on technical fields that you are interested in as a whole
  2. you can read useful information later efficiently
    By "stocking" the articles you like, you can search right away
Comments
No comments
Sign up for free and join this conversation.
If you already have a Qiita account
Why do not you register as a user and use Qiita more conveniently?
You need to log in to use this function. Qiita can be used more conveniently after logging in.
You seem to be reading articles frequently this month. Qiita can be used more conveniently after logging in.
  1. We will deliver articles that match you
    By following users and tags, you can catch up information on technical fields that you are interested in as a whole
  2. you can read useful information later efficiently
    By "stocking" the articles you like, you can search right away
ユーザーは見つかりませんでした