Linux
cut

Linux基本コマンド cut


オプション

オプション
説明

-b リスト
切り出す位置のリストをバイト数で指定

-c リスト
切り出す位置のリストを文字数で指定

-f リスト
切り出す位置のリストを区切りのフィールドで指定

-d リスト
区切り文字を指定、デフォルトはタブ


リスト指定

オプション
説明

N
N番目

N-M
N ~ M

N-
N ~ 最後

-M
最初 ~ M


利用例


バイト数を指定して切り出す

$ ls -l * | cut -b 1-10,42-

-rw-rw-r-- test
-rw-rw-r-- uniq.txt


フィールドを指定して切り出す

# ユーザー一覧

$ cat /etc/passwd | cut -f1 -d':'
root
bin

# home directoryも出力
$ cat /etc/passwd | cut -f1,6 -d':'
root:/root
bin:/bin

# shellも出力
$ cat /etc/passwd | cut -f1,6-7 -d':'
root:/root:/bin/bash
bin:/bin:/sbin/nologin

# CSVの9列目出力
$ cut -d ',' -f 9 sample.csv


出力区切りを指定

$ cat /etc/passwd | cut -f1,6-7 -d':' --output-delimiter='----'

root----/root----/bin/bash
bin----/bin----/sbin/nologin