LoginSignup
1

More than 3 years have passed since last update.

DockerでMacに超絶シンプルなPHP&Apache環境を整える

Last updated at Posted at 2020-12-16

はじめに

PHP案件を頂いたため、MAMPでやるかぁーと思ったのですが、ふと、「MAMPの必要あるか…?:thinking:」となりました。

というのも、今回はDB使わないし、MacにはPHPもApacheも入ってるよなと思ったのです。

Terminal
$ php -v
PHP 7.3.11 (cli) (built: Jun  5 2020 23:50:40) ( NTS )
Copyright (c) 1997-2018 The PHP Group
Zend Engine v3.3.11, Copyright (c) 1998-2018 Zend Technologies

$ httpd -v
Server version: Apache/2.4.41 (Unix)
Server built:   Jun  5 2020 23:42:06

うんうん入ってる。

ただし、ソースが動く本番環境のPHPバージョンは5系だったので、PHPのバージョンを切り替える必要がありました。

開発環境を整える方法として思いついたのは3つ。

  1. HomebrewでPHPバージョンを切り替えて開発する
  2. MAMPをちょっといじってPHPバージョンを切り替えて開発する
  3. Dockerを建てちゃう

そんなにPHP案件が多いわけではないですが、ローカル環境をガチャガチャするのが嫌だし、LinuxライクにコマンドポチポチーでApache起動できる方が慣れているので、今回は3つめのDockerを採用することにしました。

前提

環境 バージョン等
MacBook Pro 2019年モデル
OS macOS Catalina
Docker Engine v19.03.13
PHP 5.4

1. Docker Desktopをインストールする

公式サイトDownload for Macを選択し、Docker Desktopをダウンロードします。

スクリーンショット 2020-12-10 17.40.49.png

Docker.dmgを実行し、インストールします。

インストール完了したら実行します。
実行後、パスワードを求められることがありますが、適宜入力してください。

実行すると上のメニューバーの右側にクジラさんが現れます。(ちっちゃくてすみません)↓
スクリーンショット 2020-12-10 17.47.05.png

試しにターミナルでコマンドを打ってみて確認します。

$ docker version
Client: Docker Engine - Community
 Cloud integration: 1.0.2
 Version:           19.03.13
 API version:       1.40
 Go version:        go1.13.15
 Git commit:        4484c46d9d
 Built:             Wed Sep 16 16:58:31 2020
 OS/Arch:           darwin/amd64
 Experimental:      false

Server: Docker Engine - Community
 Engine:
  Version:          19.03.13
  API version:      1.40 (minimum version 1.12)
  Go version:       go1.13.15
  Git commit:       4484c46d9d
  Built:            Wed Sep 16 17:07:04 2020
  OS/Arch:          linux/amd64
  Experimental:     false
 containerd:
  Version:          v1.3.7
  GitCommit:        8fba4e9a7d01810a393d5d25a3621dc101981175
 runc:
  Version:          1.0.0-rc10
  GitCommit:        dc9208a3303feef5b3839f4323d9beb36df0a9dd
 docker-init:
  Version:          0.18.0
  GitCommit:        fec3683

2. Dockerfileを作成してビルドする

2.1. Dockerfileの作成

Dockerfileを書いてイメージを作成します。

適当なディレクトリを作成し、Dockerfileを作成します。

$ mkdir php5_apache

$ cd php5_apache

$ vim Dockerfile

公式のDockerイメージを拝借しちゃいましょう。
php:<version>-apacheと記述することで、Apacheも含んだコンテナを建てられます。
今回使用するバージョンは5.4ですのでその通り記述します。

Dockerfile
FROM php:5.4-apache

2.2. ビルド

docker build <Dockerfileのパス> -t <イメージ名>:<タグ名>
でビルドをかけます。

ここでは、イメージ名はphp5_apache、タグはバージョンとして1.0と指定しておきます。

-t: 名前とタグを指定するオプション

$ docker build ./ -t php5_apache:1.0

ビルドできたか確認しましょう。

$ docker images
REPOSITORY          TAG                 IMAGE ID            CREATED             SIZE
php5_apache         1.0                 7246b9f23253        5 years ago         470MB

ちなみに、Docker Desktopのダッシュボードからも確認することができます。
スクリーンショット 2020-12-10 18.31.52.png

3. コンテナを作成し、起動する

早速起動させていきましょう。

動かしたいソースは既に手元にあるので、マウントしちゃいます。

コマンドは以下の通り。
docker run -d -p <ホスト側ポート>:<コンテナ側ポート> -v <ホスト側パス>:<コンテナ側パス> php5_apache:1.0

今回使用したオプションの説明は以下。

  • -d: デタッチドモードで起動する(バックグラウンド実行)
  • -p: コンテナのポートをホスト側に公開する
  • -v: ホスト側のディレクトリをコンテナにマウントする
$ docker run -d -p 80:80 -v <作業ディレクトリ>:/var/www/html php5_apache:1.0

無事に起動できたか確認しましょう。

$ docker ps
CONTAINER ID        IMAGE               COMMAND                CREATED              STATUS              PORTS                NAMES
469f65bd6a4f        php5_apache:1.0     "apache2-foreground"   About a minute ago   Up About a minute   0.0.0.0:80->80/tcp   recursing_hodgkin

4. ブラウザで確認

80番ポートで開いたのでポート指定なしでlocalhostをブラウザのアドレスバーに入力し開きます。
無事にPHP等が出力されていればOKです。

5. コンテナの開始と停止

コンテナを一度作成してしまえば、docker start <コンテナIDまたはコンテナ名>で起動、docker stop <コンテナIDまたはコンテナ名>で停止できます。

今回はコンテナ名でやってみます。
recursing_hodgkinと名付けられていましたので、それで停止、開始してみます。

$ docker stop recursing_hodgkin
$ docker start recursing_hodgkin

6. コンテナにログインする

以下でrootでログインできます。
ちなみにOSはDebianです。

$ docker exec -it recursing_hodgkin /bin/bash

出るときはおなじみのexit

# exit

7. おまけ

7.1. Apacheのエラー

ふとログを見てみるとなんかエラーっぽいログが吐かれていました。

$ docker logs recursing_hodgkin
AH00558: apache2: Could not reliably determine the server's fully qualified domain name, using 172.17.0.2. Set the 'ServerName' directive globally to suppress this message
AH00558: apache2: Could not reliably determine the server's fully qualified domain name, using 172.17.0.2. Set the 'ServerName' directive globally to suppress this message
[Thu Dec 10 09:58:54.402679 2020] [mpm_prefork:notice] [pid 1] AH00163: Apache/2.4.10 (Debian) PHP/5.4.45 configured -- resuming normal operations
[Thu Dec 10 09:58:54.402792 2020] [core:notice] [pid 1] AH00094: Command line: 'apache2 -D FOREGROUND'

「ドメイン名設定されてないよぉー困るよぉー:disappointed_relieved:」という内容です。
ご親切に「ServerNameディレクティブを設定しろ」と解決策まで書いてくれていますね。

多分設定しなくても問題ないんですが、エラーが残っているのが気持ち悪いので設定してあげます。

(私はCentOSばっかりいじってたので、DebianのApacheの設定ファイルとかどこ〜〜〜〜ってなりました。)

まずは、dockerにログイン。

$ docker exec -it recursing_hodgkin /bin/bash

vimが慣れているので一応インストール。
apt updateしないとvimがインストールできなかったのでやむなくしてます。
Dockerfileに最初から書いとけばよかったと思いつつ……

コンテナ内
# apt update
# apt -y upgrade
# apt install -y vim
# vim /etc/apache2/conf-enabled/httpd.conf

/etc/apache2/conf-enabled/*.confをconfigファイルとして読み込んでいるようなので、この中に記述していきます。

httpd.conf
ServerName localhost:80

Apacheサービス再起動。

# /etc/init.d/apache2 reload
[ ok ] Reloading web server: apache2.

CentOSいじってるとsystemctl restart httpdで再起動なので、service apache2 restartで再起動したくなるんですが、これを実行したらコンテナも一緒にお亡くなりになられたので、上記コマンドを叩きます。

7.2. マルチバイト文字使えないんだが

モジュール入れてないやろ。

どこからかそんな声が聞こえてきました。

モジュールを入れて、

# docker-php-ext-install mbstring

iniに追記し有効化します。

php.ini
extension=mbstring.so

恒例のapache再起。

# /etc/init.d/apache2 reload

終わりに

私もDockerに明るいわけではないので、備忘録的に残しました。

phpのエラーログとか出すようにしたり、おまけに書いた部分をDockerfileに記述したり等、実際に開発始める上で躓いたところがあったので、そこらへんもあとで記事にしておきたいと思います。

Register as a new user and use Qiita more conveniently

  1. You get articles that match your needs
  2. You can efficiently read back useful information
  3. You can use dark theme
What you can do with signing up
1