Alexa
GoogleAssistant
GoogleHome

Google Home(Assistant)について~Alexaを少しだけかじったことある方向け

More than 1 year has passed since last update.

先日、Google Homeを購入しました。

スマートスピーカーは音声アシスタントが持つデフォルトの機能でも楽しめますが、

3rd partyや個人が公開している機能を利用することができます。

私自身、Alexaスキル開発について勉強中だったこともあり、

Googleとの用語の違い等についてまとめてみました。

Alexa
Google Home

主要製品
Amazon Echo
Google Home

音声アシスタント
Alexa
Google Assistant

機能名称
Skill
Action

公開されている機能数(2017年10月時点)
22,000以上
700くらい

機能の起動フレーズ
tell, ask, open, startなど
talk to, speak to, ~につないで(日本語の場合)など

機能の利用方法
Alexa Skills Storeから個別に有効化が必要
個別の有効化は不要

外部システムとの連携
Account Linking
LINK ACCOUNT

開発者向けポータル
Amazon Developer
Actions on Google

サービスエンドポイント
AWS Lambda または任意のHTTPSサーバ
Cloud Functions for Firebaseまたは任意のHTTPSサーバ


機能の起動方法の違い

用語の違いはあるものの、ほぼ同じような形で利用できるかと思います。

詳細は各ドキュメントを参照ください。

Alexa

https://developer.amazon.com/designing-for-voice/what-users-say/

image.png

Google Assistant

https://developers.google.com/actions/discovery/

image.png


機能の有効化について

Alexaの場合、公開された機能を利用するにはSkills Storeから明示的に対象機能を有効化する必要があります。

しかし、Google Assistantの場合はapp nameを指定するだけで対象の機能を呼び出すことができます。

実装したアクションをユーザに利用してもらう方法として、以下の3つがGoogle I/O等の資料で紹介されています。


in Dialogue

ユーザがアシスタントとの対話の中でアプリを起動する方法です。

明示的な起動と暗黙的な起動の2つに別れます。

-Ecplict Triggering

ユーザがapp nameを知っていれば明示的に呼び出すことができます。

ランプの魔人を呼び出す例. talk to Akinator

image.png

アクション側でJapaneseに対応していなければ、残念ながら日本語では呼び出せないようです。

日本語対応済の公開アクションはまだ数が少なそうです。

image.png

-Implicit Triggering

app nameが指定されていない場合、アシスタントはユーザ行いたいことを分析して

このアプリはどうですか?と提案してくれます。

image.png


Assistant Directory

Google Homeアプリのメニュ→Exploreまたは

Google AssistantのリンクアイコンからDirectoryにアクセスすることができます。

image.pngimage.png

Alexa Skills Storeのように公開されているアプリがカテゴライズされています。

image.png

※注意

2017年10月時点で端末の言語設定が英語の場合に表示されます。

日本語だとGoogle Homeアプリではexploreが「できること」に変わってしまいDirectoryにアクセスできません

Google Assistantの場合、Directoryのリンクアイコン自体が表示されません

このあたりも早く日本語対応されると良いですね。


Links that you share

公開されたアクションについては、Actions on Googleのプロジェクト概要ページやAssistant Directoryのshareからリンクを取得できます。

そのリンクをSNSや自身のWebサイト等で公開することができます。

https://developers.google.com/actions/discovery/directory

例. Google Searchのリンク

https://assistant.google.com/services/a/id/40efdd389af21237/


Account Linking(LINK ACCOUNT)

外部サービスと連携するにはAlexa Skill のように Account Linking (Google ActionsではLINK)が必要です。

Google HomeアプリやDirectoryのリンクから対象アクションの詳細ページに飛び、LINK ACCOUNTを行います。

image.png


Action開発の流れ

編集中


参考URLなど

https://www.voicebot.ai/2017/10/05/google-assistant-voice-app-totals/

https://www.cnet.com/how-to/how-to-use-third-party-actions-on-google-home/

https://www.slideshare.net/bretmc/google-home-and-google-assistant-workshop-build-your-own-serverless-action-on-google-app