AmazonEcho
Alexa
AlexaSkillsKit

開発中のAlexaスキルを実機テストする方法

※2017/12/4 更新分

デベロッパーアカウントが、amazon.com の方のアカウントに紐付いてしまっていること
Alexa App(alexa.amazon.co.jp)に開発中のスキルが表示されず、結果的にテストできない状態のようです。
こちらの記事を参照させていただきました。

開発したAlexa Skillが日本語版に出てこない場合
https://qiita.com/sparkgene/items/c15e81cd6a5a40f7189d

以下初回投稿分

ついに我が家にもAmazon Echoが届きました!
そこで開発中の日本語スキルを起動してみようとしたところ、上手くいきませんでした。
結論としてはスキルのベータテストを利用すれば起動できました。

あれ、実機でスキルが起動できない?

アレクサ、XXXXを開いて
「すみません、上手くいきませんでした。」
以前英語で動作確認していたときは、公開申請しなくても自分のアカウントでは
使用できていたのですが上手くいきません。

AlexaのWebサイトやアプリから自アカウントで有効になっているスキルを確認できるのですが、
.comの方では開発中のスキルが表示されます。
https://alexa.amazon.com/spa/index.html#skills/your-skills/?ref-suffix=ysa_gw

image.png

一方.co.jpの方では作成中のスキルが表示されません。
https://alexa.amazon.co.jp/spa/index.html#skills/your-skills/?ref-suffix=ysa_gw

どうやら日本語環境ではそのままでは実機でテストできないようです。

スキルのベータテスト

ひと手間かかりますが、スキルのベータテストを有効化することで
実機での動作確認を行うことができます(90日間)

https://developer.amazon.com/ja/docs/custom-skills/skills-beta-testing-for-alexa-skills.html

ベータテストを有効化するには
公開情報、プライバシーとコンプライアンスを含むすべての設定を入力する必要があります。
入力する前の段階では、利用ができない状態になっています。

image.png

公開情報

スキルを公開するために必要なカテゴリの設定、起動方法等の情報を入力します。
ベータテストを行うだけであれば、申請は必要ないので、仮で構いません。
必要項目を入力し、保存すると、チェックマークがつきます。

スキル用の画像は、小(108×108ピクセル)、大(512×512ピクセル)の2種類が必要になりますので
事前に用意しておきます。

プライバシーとコンプライアンス

確認事項を入力し、保存するとスキルのベータテストを開始できるようになります。
image.png

ベータテストの開始

ベータテストに招待するAmazonアカウントのアドレスを入力します。(最大500)
ここでは自分のアカウントのみ追加し、テストを開始します。
管理者のメールアドレスやテスターは後から管理画面で追加できます。

image.png

ベータテストがアクティブになると、入力したアドレス宛に以下のようなメールか届くので
リンクからベータテストスキルを有効化します。日本だけリンクが分かれているので注意してください。

image.png

利用規約に同意すると利用可能になります。

image.png

.co.jpの方でも開発中のスキルが表示されるようになります。
https://alexa.amazon.co.jp/spa/index.html#skills/your-skills/?ref-suffix=ysa_gw

参加直後はベータテストスキルは無効化されていますので、個別に有効化する必要があります。

image.png

ひと手間かかりましたが、この状態でAlexaに話しかけると実機での動作確認を行うことができました。
参考になれば幸いです。