VAIO Z (2016年モデル) にLinux環境を構築したメモ

最近購入したVAIO Z(VJZ131A11N, 2016年モデル)にLinux環境を入れたのでメモ。
VAIO Zは巷ではLinuxインストールでコケることが多いとの噂で、しかもこのモデルはストレージがNVMeになっているので余計にややこしいらしい。

まず最初にやること

  • プリインストールされているWindows10を起動して適当に最低限の設定を済ませ、Windowsアップデートで更新する
  • USB回復ドライブを作成する
  • VMWare vCenter Converter でP2V変換をかけて仮想マシンイメージ化しておく(あとからホストのLinux上でゲストとして使うため)

UEFI設定

  • UEFI設定画面を開くにはF3 or F4を押しながら電源on
    • 再起動時にF3 or F4 を押していても成功しないので、一旦電源を落とす必要あり?
  • USB Device boot をenable
  • Secure Boot をdisable

ディストリビューション選び

とりあえず Ubuntu 16.04

  • あとで動くか試してみる候補
    • Arch Linux
    • Fedora Workstation

Ubuntu 16.04 LTS をインストール

LiLi USB CreatorでisoからUSBスティックを作成してインストール。
一節には、このVAIO Zではgrubが/dev/nvmeからの起動に対応していないので、systemd-bootを使う必要があるとの説明だったが、Ubuntuのインストーラに言われるがままにインストールしてgrubが使われている状態で、今のところ問題なく起動できている様子。

GNOME設定

Caps Lock → Ctrl

UbuntuTips/Desktop/HowToSetCapsLockAsCtrl にしたがって下記のコマンドを叩く。

dconf reset /org/gnome/settings-daemon/plugins/keyboard/active
dconf write /org/gnome/desktop/input-sources/xkb-options "['ctrl:nocaps']"

参考にしたところ