Swift
swift4

SwiftTourをさっと読む ~ Objects and Classes ~

SwiftTourをさっと読む ~ Objects and Classes ~

さっと見ていきます。

クラス

宣言

クラスの宣言
class Shape {
  var numberOfSides = 0
  func simpleDescription() -> String {
    return "A shape with \(numberOfSides) sides."
  }
}

classに続けてクラス名を書くことでクラス宣言ができる。

クラスのプロパティ定義は変数や定数の宣言と同様。
ファンクションも同様。

インスタンス化

クラスのインスタンス化
var shape = Shape()
shape.numberOfSides = 7
var shapeDescription = shape.simpleDescription() // A shape with 7 sides.

インスタンス化はクラス名の後に()を続けることでできる。

プロパティへのアクセスは.で行える。

イニシャライザ

イニシャライザメソッド
class NamedShape {
  var numberOfSides: Int = 0
  var name: String

  init(name: String) {
    self.name = name
  }

  func simpleDescription() -> String {
    return "A shape with \(numberOfSides) sides."
  }
}

init()を利用することでイニシャライザ処理を定義できる。

init内ではクラスプロパティにアクセスする際にself.nameを利用しているが、
これは引数のnameと明確に区別するため。

継承とオーバーライド

継承とオーバーライド
class Square: NamedShape {
  var sideLength: Double

  init(sideLength: Double, name: String) {
    self.sideLength = sideLength
    super.init(name: name)
    numberOfSides = 4
  }

  func area() -> Double {
    return sideLength * sideLength
  }

  override func simpleDescription() -> String {
    return "A square with sides of length \(sideLength)."
  }
}
let test = Square(sideLength: 5.2, name: "my test square")
test.area()
test.simpleDescription() // A square with sides of length 5.2.

class 子クラス: 親クラス
他のクラスを継承する場合はクラス名の後に:を挟んで定義する。

子クラスから親クラスのメソッドを利用する場合はsuper.メソッド名で利用することができる。

親クラスのメソッドを上書きをする場合は、
overrideをメソッド名の前に付ける必要があり、overrideなしでオーバーライドを試みるとエラーになる。

getter,setter

getter,setter
class EquilateralTriangle: NamedShape {
  var sideLength: Double = 0.0
  init(sideLength: Double, name: String) {
    self.sideLength = sideLength
    super.init(name: name)
    numberOfSides = 3
  }
  var perimeter: Double {
    get {
      return 3.0 * sideLength
    }
    set {
      sideLength = newValue / 3.0
    }
  }
}
var triangle = EquilateralTriangle(sideLength: 3.1, name: "a triangle")
print(triangle.perimeter) // 9.3
triangle.perimeter = 9.9
print(triangle.sideLength) // 3.3

クラスのプロパティにはgettersetterがあり、これを設定することもできる。

getは任意の値を返すことができる。
setは新しい値に暗黙的にnewValueという名前が付与される。

willSet,didSet

willSet,didSet
class TriangleAndSquare {
  var triangle: EquilateralTriangle {
    willSet {
      square.sideLength = newValue.sideLength
    }
  }
  var square: Square {
    willSet {
      triangle.sideLength = newValue.sideLength
    }
  }
  init(size: Double, name: String) {
    square = Square(sideLength: size, name: name)
      triangle = EquilateralTriangle(sideLength: size, name: name)
  }
}
var triangleAndSquare = TriangleAndSquare(size: 10, name: "another test shape")
print(triangleAndSquare.square.sideLength)   // 10.0
print(triangleAndSquare.triangle.sideLength) // 10.0
triangleAndSquare.square = Square(sideLength: 50, name: "larger square")
print(triangleAndSquare.triangle.sideLength) // 50.0

新しい値(newValue)を設定する前後に実行するコードを書く場合は、
willSet及びdidSetが利用できる。

このコードはイニシャライザ以外で値に変更があった場合に実行される。

オプショナルの操作

オプショナルの操作
let optionalSquare: Square? = Square(sideLength: 2.5, name: "optional square")
let sideLength = optionalSquare?.sideLength

オプショナルの値を扱う際には、操作の前に?を書くことができる。

?より前の値がnilの場合、?以降が全て無視され、nilとなる。
?より前の値がnilでない場合、?以降の全ての値がアンラップされた値として作用する。

いずれの場合も式全体はオプショナルの値となる。

おわり

willSetdidSetは知らんかったです。
特定の値が変更された際に他の値の正しさを保証するイメージなのかな?

おしまい。

過去記事

Simple Values
Control Flow
Functions and Closures