QGIS
geotiff
dgal

geotiffの作り方

概要

 通常のjpgとワールドファイルとしてのjgwを使って、geotiffを作成するまで。

サンプルデータ

 国土地理院の東北地方太平洋沖地震正射画像
 qgisのgdal_ttanslate

作成の方式

 このデータを解凍して、対応するjpgとjgwを同じディレクトリにおいておく。
(以下ではfg854.jpgとFG854.jgwがあるとする)
 ここで、gdalinfo fg854.jpgとすると

Driver: JPEG/JPEG JFIF
Files: fg854.jpg
       FG854.jgw
Size is 2500, 1875
Coordinate System is `'
Origin = (102000.000000000000000,124500.000000000000000)
Pixel Size = (0.800000000000000,-0.800000000000000)
Metadata:
  EXIF_ColorSpace=65535
  EXIF_DateTime=2012:04:12 14:26:11
  EXIF_Orientation=1
  EXIF_PixelXDimension=2500
  EXIF_PixelYDimension=1875
  EXIF_ResolutionUnit=2
  EXIF_Software=Adobe Photoshop CS Windows
  EXIF_XResolution=(72)
  EXIF_YResolution=(72)
Image Structure Metadata:
  COMPRESSION=JPEG
  INTERLEAVE=PIXEL
  SOURCE_COLOR_SPACE=YCbCr
Corner Coordinates:
Upper Left  (  102000.000,  124500.000)
Lower Left  (  102000.000,  123000.000)
Upper Right (  104000.000,  124500.000)
Lower Right (  104000.000,  123000.000)
Center      (  103000.000,  123750.000)

ここの、キーはgdalinfoは、最初の2行にあるように、この2つのファイルを読んで、infoを出力していることである。
そして、最後の行のUpper Leftとか、Lower Rightに、わけのわからない座標が設定されているということである。

いろいろ、調べてみると、これは
平面直角座標系
なのである。

というわけで、ここは福島周辺なのでEPSG:2451の座標であるわけだ

変換のパターン

gdal_translate -of GTiff -a_srs EPSG:2451 fg854.jpg fg854.tif

で無事geotiffができあがる。これをqgisで読めばラスタとして表示可能