zabbix
juniper

テスト用SNMPTRAPの飛ばし方(Juniper)

More than 1 year has passed since last update.

Juniper製品のTRAPの飛ばし方

これだけで、TRAPは飛ぶ。

request snmp spoof-trap jnxFanFailure

だけど、これだとVariableやIndexがめちゃくちゃな値が設定されて飛ぶ。

おそらく試験TRAPだと分かるようにするため。

そうするとZABBIXの警報トリガーに引っかからない。

自分の環境では、アイテムのディスカバリをしていて、条件式にSNMPINDEXが含まれているので、正しいINDEXを設定しないと、TRAP受取→警報が確認できない。

応用編

というわけで。

jnxContentsContainerIndex.4.1.1.0 = INTEGER: 4 とかを飛ばしたい時は、こうする。

request snmp spoof-trap jnxFanFailure variable-bindings "jnxContentsContainerIndex[4][1][1][0]=4, jnxContentsL1Index[4][1][1][0]=1, jnxContentsL2Index[4][1][1][0]=1, jnxContentsL3Index[4][1][1][0]=0, jnxContentsDescr[4][1][1][0]=Front\ Fan, jnxOperatingState[4][1][1][0]=1"