Posted at

プロキシを利用する環境で、Windows Updateを使用する場合について

More than 3 years have passed since last update.


はじめに

プロキシを利用している環境でWindows Updateを使用する場合、IEのプロキシ設定のみではWindows Updateの通信がうまくいかない場合があります。

特に、プロキシ認証を使う場合の設定情報(「③認証情報の設定」の項目)がネット上でも少ないので、備忘録を兼ねてその設定方法をまとめました。


前提条件

OSがWindows 7以降であること


設定方法


①IEのプロキシを設定

[コントロールパネル]⇒[すべてのコントロールパネル項目]⇒[インターネットオプション]で設定する

※詳細は日経トレンディネットさんの記事をご参照ください


②winhttp(Windows Updateで使用するもの)の設定

管理者権限でコマンドプロンプト(cmd)を起動し、以下のコマンドを入力

netsh winhttp import proxy source=ie


③認証情報の設定(必要な場合)

認証情報(ID/PW)が必要な場合、資格情報マネージャで設定する

1. [コントロールパネル]⇒[すべてのコントロールパネル項目]⇒[資格情報マネージャ]

もしくは、ファイル名を指定して実行(Windowsキー + Rキーで起動可)で、以下のコマンドを入力

control userpasswords2

2. [詳細設定]タブの[パスワードの管理]ボタンをクリック

3. [汎用資格情報]にプロキシへの認証情報を追加(Windows 10では[Windows資格情報]配下にある)


参考資料

WinHTTPプロキシの設定方法

(OMEGATさんの2009/10/5の投稿あたり)