Help us understand the problem. What is going on with this article?

Dropboxで複数マシン間でVagrant開発環境を同期している時に、vagrant upで既存仮想マシンが利用されない問題

More than 5 years have passed since last update.

MacBook AirとMac Mini間で同じ開発環境を使用するため、Vagrantを使い、かつVagrantfile、provision内容、カスタムボックス、設定ファイルなど一式をDropboxで同期していました。

ただ、困ったのが一方のマシン(VM未作成)でVMを作ると、もう一方のマシン(VM作成済)でvagrant upしても作成済のVMを使わず、新たにBoxをインポートしてVMを作ってしまうこと。

調べてみると、VagrantはVMを作成した際に、そのVMのID情報をVagrantfileがあるディレクトリと同じ場所に.vagrantフォルダとして作成しているようでした(Vagrantの以前のバージョンでは.vagrantファイルだったようです)

参考:Vagrantの仮想マシンとの紐付けの直し方

つまり原因は、一方のマシンでVMが作られ、同期されることで、紐付情報が変わってしまうことでした。もう一方のマシンは「あれ、紐付け先のVMないじゃん。じゃあ、boxから作っちゃおーと」という感じで作成してしまっていたということですね・・。

なので、Dropboxの選択型同期機能で.vagrantフォルダを同期対象から外すことで解決しました。初歩的なところで結構つまづきました・・

参考:Dropboxで特定のファイルやフォルダを同期することができる「選択型同期」がかなり熱い!

追記:
同期する場合は、UUID(紐付情報)を変更する.vagrantフォルダ以下の紐付け情報を更新する、でもいいと思う。面倒なので試してないけど!

Why do not you register as a user and use Qiita more conveniently?
  1. We will deliver articles that match you
    By following users and tags, you can catch up information on technical fields that you are interested in as a whole
  2. you can read useful information later efficiently
    By "stocking" the articles you like, you can search right away
Comments
Sign up for free and join this conversation.
If you already have a Qiita account
Why do not you register as a user and use Qiita more conveniently?
You need to log in to use this function. Qiita can be used more conveniently after logging in.
You seem to be reading articles frequently this month. Qiita can be used more conveniently after logging in.
  1. We will deliver articles that match you
    By following users and tags, you can catch up information on technical fields that you are interested in as a whole
  2. you can read useful information later efficiently
    By "stocking" the articles you like, you can search right away